インバウンドコラム

印刷用ページを表示する

第34回 日本は中国人観光客ラッシュをどうみているか

中国観光研究院が8月28日に発表した「2015年中国アウトバウンド国際観光発展年度報告」によると、2014年の中国人の海外観光客数はのべ1億700万人に達し、前年比19.5%増加した、中国は3年連続で世界一のアウトバウンド国際観光客供給国になった。中国から最も近い旅行先である日本で、中国人観光客はどのようなイメージをもたれているのだろうか。政府と民間で受け入れ態度に大きな違いがあるだろうか。
<2015年11月12日>

目次:
政府は「歓迎」
一般人は「習慣を守ってほしい」
統計データからみる中国人観光客のパワー
専門家の視座

政府は「歓迎」

日本の観光庁国際観光課外客誘致室の佐藤久泰室長は、「中国人観光客が来てくれるのは、もちろんうれしいことだ。中国人はたちが悪いなどと報じるメディアもあるが、そうは思わない。根本的な原因はやはり風俗や習慣の違いだろう。私たちは中国の関連部門を通して、また『微博』(ウェイボー)を利用するなどして、中国人観光客に日本人の風俗や習慣を伝える努力をしており、中国人も日本の風俗習慣を知り、理解しさえすれば、これを守るようになると信じている」と話す。

また佐藤室長は、「今、メディアは中国人が日本でみせる購買力に軒並み注目するが、私たちは中国人が日本に来る目的は買い物だけでなく、中国文化の影響を受けた後に独自の発展を遂げた日本文化を体験することも求めていると考える」と述べた。

一般人は「習慣を守ってほしい」

東京にある証券会社で働く鈴木杏子さんは、「中国人観光客が自分の生活にいろいろ影響するようになった。以前は昼休みに同僚と会社近くのスターバックスでコーヒーを飲んだりおしゃべりしたりするのが楽しみだったが、今そこは中国人でいっぱいだ。テイクアウトしようと思えば、長い列に並ばなければならないが、会社の決めた昼休みは1時間しかない。コンビニも同じ状況で、今はお弁当を作り、食後に自分でコーヒーを入れている」と話す。

また東京の主婦・鈴木彩花さんも同じように、「銀座の目抜き通りに行くと中国人がぜいたく品を買う様子を見かけ、本当にお金持ちなんだなと思う。自分の住む板橋区には商業エリアがないので、中国人観光客を見かけることが少なく、何の不便も感じない。中国人が日本に旅行に来るのはもちろんいいことだ。自分は中国人観光客との接触がないので、好きかどうかは言えないが、メディアの報道でいろいろな問題があると知ると、中国人には日本社会の風俗習慣を守ってほしいと思う」と話す。

統計データからみる中国人観光客のパワーpic_column_197

14年に日本を訪れた中国人観光客はのべ270万人で同47%増加した。同年の外国人観光客の日本での観光消費は2兆円に達して記録を更新し、このうち中国人が約5600億円を占め、割合は40%を超えた。

米国ブルームバーグ社によると、在上海日本国領事館がまとめた統計では、昨年に日本を訪れた中国人観光客の4割強が上海エリアからの観光客だった。

日本観光庁の最新の統計データによると、6月に日本を訪れた中国人観光客はのべ46万人、1~6月はのべ218万人だった。一人あたり平均観光消費の3カ月単位の統計をみると、5~7月の中国人の平均は28万5000円だった。

専門家の視座

日本中国語ガイド協会の劉剛名誉会長は、「与党の業績と経済振興にかかわるため、日本政府が中国人観光客にぜひ来てもらいたいと思っているのは当然のことで、民間も、特に観光産業と関連産業ももみ手をしながら歓迎する。だが中国人観光客にはさまざまな人がおり、行動もいろいろだ。日本人はあまり感情を表に出さず、相手に気まずい思いをさせないのが普通なので、その結果、一部の観光客がますます放埒にふるまうことになる。中国人の団体ツアー参加者はこのことを知っておくべきだ。フリーツアーの人は一般的に郷に入れば郷に従えを心がけているため、歓迎もされるし評判もいい。時間が経つにつれて、日本を訪れる中国人観光客のイメージは日々好転していくだろう」と話す。

また劉名誉会長は、「中国人観光客は人数が大幅に増加しており、日本の観光業者や都市の設備、また日本人の心の準備などにとって未曾有の体験となっている。一部の観光客の不適切な振る舞いや言葉の壁が、こうした圧力をさらに大きくしている。中国人観光客が自分たちのイメージをよくして、さらによいサービスを受けたいなら、自分自身をもっとよく振り返ることが必要だ。旅行の目的は何かなどを、よりしっかりと考えることが必要だ」と話す。

最新記事

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年