インタビュー

印刷用ページを表示する

2008.04.10

フランス政府観光局局長 カトリーヌ・オーデン氏 スペシャルインタビュー

双方向ツーリズムによる観光戦略

在東京フランス政府観光局の局長としてフランスの観光PRに務めている、カトリーヌ・オーデン氏にインタビューをしてまいりました。外国人旅行者受入数世界一を誇るフランスの観光戦略や、そこから学ぶ日本の観光のあり方などをお伺いしてまいりました。

%e5%9b%b31

 

Q1.オーデン氏の簡単な経歴と日本との接点についてお教えください。

最初はフランス政府観光局のニューヨーク支局に配属されていました。そちらに10年近くいたあと、東京に来ました。東京でも10年近く勤務した後、シンガポールで3年、その後再び東京に来て、今2年半ほどになります。日本は大好きで、日本に来ることができてとてもうれしく思いました。

日本を初めて知ったのは小学校の地理の授業で、その時から日本に興味を持つようになりました。初めて日本に来たのはニューヨーク支局から東京支局に異動になったときですが、当時私のような若い女性が在東京フランス政府観光局のNo.2の座につくということは難しいのではないかと言われました。また、日本にビジネスでやってくるのはとても大変だと聞いておりました。実は赴任前にバカンスで日本にくるタイミングがあったのですが、それでは日本の表面的な部分しか見ることができないと感じたので、その時はあえて日本には行きませんでした。特に赴任が決まっていたので、初めての日本にビジネスとして訪れることがその後日本を知る上で重要だと思いました。

このようにビジネスとして初来日いたしましたが、最初の印象は本などで見たとおりの美しい国だと思いましたし、ますます日本のことが好きになりました。これからももっと日本国内を旅行し、いろいろな発見をしたいと思います。

 

Q2.オーデン氏が現在取り組まれていることについてお教えください。

今年は日仏交流150周年の記念すべき年ですが、日本とフランス双方向からの観光キャンペーンを展開しています。私の仕事は日本人がフランスに来てもらえるようにすることですが、フランス人にもたくさん日本に来てもらい日本を知ってもらいたいと思っています。ですので、今年のロゴは日本の半被とエッフェル塔を融合させたモチーフを使ったり、列車内の広告などでも日本の宮島とフランスのモン・サン=ミシェルを並べたポスターなどを使い、日本とフランス両方のビジュアルでお互い良いところをアピールしています。

また、150周年の特別サイトも作り、キャンペーンの告知やクイズなどを楽しめるようにしたり、今年はモバイル用のサイトも作成いたしました。あとはフランス広報大使を今年は、フジテレビキャスターの滝川クリステルさんと華道家の假屋崎省吾さんにお願いし、フランスのPRを行っていただいています。さらに 150周年記念ツアーというものを旅行会社さんに企画していただいて、特別イベントを盛り込んだり、パリ以外の土地で一泊することなどを条件としたツアーを制作していただきました。3月現在で18社25種類のツアーを取り扱っていただいています。

 %e5%9b%b32      %e5%9b%b33         %e5%9b%b34
                                                                                                    <モバイル用QRコード>

 

Q3.この宮島とモンサンミッシェルの並んだポスターはとてもインパクトがありますが、どのようにこのイメージは生まれたのでしょうか?

前の駐日フランス大使がスピーチで来年は150周年だという話をしていたときに、ぱっとひらめきました。お互いに呼びかけあうというイメージが浮かび、早速家に帰ってあり合わせの写真を並べて考えました。お互いの観光地や象徴的なものを並べ、「私は行きました。」「あなたは行った?」というように相互に問いかけるイメージになっています。イメージが出来上がった後は、いくつかのデザイン会社に声をかけコンペを開いたのですが、ある会社がこのように一枚の写真のなかに二つの写真を融合させるというアイデアを提案し、ビジュアルとしてもきれいですし面白いと感じましたので、こちらに決定いたしました。

 

Q4.JNTOやフランス大使館との連携はどのようになっているのでしょうか?

だいぶ前から150周年記念に何かやりましょうということは決まっていましたので、フランス政府観光局では観光に関してのみになりますが、各機関と協力してできる範囲のことを行っています。また、今年のように双方向でのキャンペーンを行うということは初めてですので、とてもユニークなコンセプトだと思います。JNTOさんにも前からこの双方向キャンペーンの企画を持ちかけていましたので、予算等うまく調整し、始めることができました。また、毎年国土交通省で各国との交流年というのを定めるのですが、今年はフランスが選ばれ、日仏観光交流年として補助金等も出ますので、より一層力を入れてキャンペーンを行うことができるようになりました。

 

Q5.キャンペーンを始めてからの反応はいかがでしょうか?

4月後半から列車内でポスターを貼り始めたのですが、見ていただいた方から早速メールや電話等で「とても良いですね。」「すごくきれいですね。」というようなお言葉をいただいています。また、いくつかの雑誌でこのキャンペーンの広告をぜひ無料で掲載させてもらいたいという話をいただきました。今まではそのようなことはなかったので、このポスターのビジュアルや評判がとてもいいということを感じています。メインの写真は宮島とモン・サン=ミシェルのものになりますが、その他にもいくつかパターンを用意しております。それらもとても評判がいいので、私どもの公式ウェブサイトでぜひ皆さんもご覧になってください。

%e5%9b%b35

 

 

Q6.話は変わりますが、フランスが観光客数世界一である理由は何だと思いますか?

フランスには大きな魅力が二つあると思います。
一つは多様性です。景色や歴史、文化、料理など地方ごとにそれぞれ違い、一つの地方が一つの国といえるぐらいバラエティに富んでいます。「アールドビーブル」と言って、「生きることのアート」といいますか、おいしい料理を楽しむことであったり、美しいものを見ることやゆっくりとした時間を過ごすなど、人生を楽しむための多様なニーズを受け入れられる環境がフランスにはあると思います。
そしてもう一つはエッフェル塔やモン・サン=ミシェルなど、はっきりとした観光イメージがありますが、そういったものを生かして使うことができるのもフランスならではだと思います。例えばエッフェル塔は毎日定時になると、きらきらとイルミネーションが瞬き、それは本当にきれいです。また、美術館や宮殿などではコンサートを開くことがあり、「こんなところで、こんなことを?」というようなユニークな発想で名所旧跡を活用し、観光客の方たちをもてなします。
また、フランス人はとっつきにくいようなイメージを持たれがちですが、本来人をもてなすという気質のある人種だと思います。実際会ってみるといい人が多いですし、外国人に持たれているフランス人のイメージと本当の姿は大きく違うと思います。また、フランス人の態度も訪れる人がどのように接するかによっても違うのではないかと思います。先入観を持たずに接してもらうことで、フランス人も自然な姿を見せてあげることができると思います。

 

Q7.フランスの観光戦略について教えてください。

常に国外にプロモーションをしていくことが重要で、フランスの観光イメージを積極的に発信しています。フランス政府観光局は海外に約30の支局を持っていますが、それぞれの地域において、雑誌やテレビ、インターネット、電車内の広告などの様々な場所での広報活動を行っており、それによりフランスの情報をいたるところで手に入れることができます。また、PR活動を単に行うのではなく、その国や地域のことをよく知ることもとても大切です。その国や地域の人たちの生活や習慣を知ることで、特性やニーズを捉え、より効果的な情報提供をしていくことができます。そして、マーケットごとにガイドラインを設けることで、的確なプロモーションを展開できる体制を整えています。また、フランスでは5年ごとに観光政策を立てており、中期的なプランで見直しを図っていますが、ニーズに合わせたより有効的な政策を打ち立てていくために、各地域で得た情報や新しいプロモーション手法など常にアップデートを行っています。

 

Q8.日本が観光立国となるためにクリアしなければならない課題は何だと思いますか?

大きく分けて3つあると思います。
まず一つ目は、外国人が知っている日本の情報が限られているということです。インターネットが普及し海外への情報発信が進んできていると思いますが、それでもまだ外国人にとって日本のイメージはぼんやりしたものでしかないと思います。日本の正しいイメージを持ってもらうためにも、海外への情報の露出をもっと増やしていく必要があります。

二つ目は言葉の問題です。最近では駅での外国語表記は充実してきていると感じますが、他の公共施設などはまだまだ足りていないと思います。例えば、欧米人は美術館や博物館などが好きなのですが、外国語表記が少ないために理解することができず、楽しめないで終わってしまうこともあります。それは大変もったいないことだと思います。公共の施設ですので、どんな方でも利用できるような体制を整える必要がありますね。

三つ目は物価が高いというイメージがまだあるということです。現在はユーロ高などで以前と比べ日本の物価はそれほど高くないのですが、まだ日本は物価が高いというイメージがあり、それにより日本への旅行を躊躇している人が多くいます。しかし、実際に日本にきてみるとリーズナブルな値段でご飯を食べたりすることができるので、そのイメージを変えてあげなければなりません。これは一つ目にあげた海外への情報がまだまだ少ないということになるのですが、正しい情報を伝えることで、先入観や偏見を取り除いてあげることが必要です。

情報の発信の仕方はいろいろあるのですが、例えば日本に住んでいる外国人や日本が大好きな外国人に日本を紹介してもらうというのは面白いのではないでしょうか。やはり日本人と外国人の視点は違いますので、日本人にも気づかないような外国人からの視点で日本を紹介してもらえると、より魅力が伝わると思います。

 

Q9.日本を一つのキーワードで表すとしたら何でしょうか?

なかなか難しい質問ですね。日本の全ての魅力を一言で表すのは難しいと思いますが、フランスにおける日本のキーワードとして”禅”というのがあります。これは日本の凛としたイメージやシンプルで繊細な部分を表現していると思います。外国人にとって日本は美しく厳かで、ゆったりと静まった雰囲気を持っており、それがこの言葉で表されているのではないでしょうか。

 

Q10.オーデン氏の愛する日本の美しい風景を教えてください。

私は日本が好きなのでたくさんあるのですが、例えば秋の景色などが好きですね。紅葉で染まった山々などはとても美しいと思います。また私は温泉めぐりが大好きなので、ゴールデンウィーク中東北まで足を伸ばし、温泉に入ってきましたが、とてもよかったですね。そのほかには岩肌のごつごつした海岸線のある伊豆なんかも好きですし、あと飛騨高山はもう20回以上も行っています。基本的には田舎や自然のある風景が好きです。

 

Q11.もしご友人に日本を紹介するとしたらどのようなところに案内しますか?

東京のような近代的な場所と、自然の美しい田舎の両方を案内するのがいいと思います。東京は日本に来たら皆さん必ず行くと思いますが、田舎も友人達を連れて行くと大変喜ばれます。大都会と田舎のコントラストが非常に面白いと思いますし、とても印象に残るのではないでしょうか。 また、このコントラストはいろいろなところにあり、例えばレストランにしても近代的なレストランと居酒屋のようなところもありますし、東京の地下鉄と地方のローカル線もまた違います。そういった二つの側面を見せてあげると両方の魅力を味わうことができます。東京の中にもそのようなコントラストはあり、ビルの中にある日本庭園や、神楽坂のような日本らしい街並みが残る場所などいいですね。また、こういった場所をきちんと案内できる人がいるとますます日本の魅力は深まっていくと思います。

 

 

Q12.日本により多くの外国人旅行者を誘致するにどういったことをすればよいでしょうか?

%e5%9b%b36まずは雑誌やテレビなどのプレスで多く取り上げてもらうことだと思います。もちろんインターネットもいいのですが、私自身インターネットで見る情報よりも雑誌やテレビなどで見た情報の方がより魅力的に感じます。まずは雑誌やテレビ等で行きたいと思ってもらい、インターネットで情報を収集するというような関係がいいのではないでしょうか。 あとは、日本好きの外国人に日本を紹介してもらうということです。やはり日本人と外国人は考え方やものの見方が違っており、外国人に日本の魅力を伝えるには、日本のことが大好きな外国人に日本の魅力を語ってもらうのが一番効果的だと思います。日本人が当たり前と思っていることが外国人にとってとても興味深いものだったりすることがあります。そういった部分を上手に伝えることができるのは日本好きの外国人だと思います。
そのほかには、有名人の方に広報大使をしてもらうことです。例えば、フランス政府観光局では毎年フランスが好きな有名人の方に広報大使になってもらい、宣伝活動を行ってもらっています。今年はフジテレビキャスターの滝川クリステルさんと華道家の假屋崎省吾さんに広報大使をお願いしています。このように、日本が大好きな有名人の方に広報大使になってもらい日本の魅力や日本を旅行する楽しさを語ってもらうととてもよいPRになると思います。
また、いま非常に気がかりなことは、日本の伝統家屋がどんどん破壊されつつあることです。私たち外国人は日本の伝統家屋の魅力に非常に敏感ですが、残念ながらそうした家屋はもう多くは残っていません。たとえば私が住む神楽坂周辺なども大変危機的な状況です。昔日の魅力は失われつつあり、伝統家屋がすべて取り壊されてしまったあかつきには魅力的なものは何も残らないでしょう。日本がこの点で格別な努力をしない限り、外国人の日本に対する興味を持続させることはできないだろうと思います。近代的な側面だけでは日本を訪ねるモチベーションとして十分ではないと考えます。

 

Q13.オーデン氏のミッションは何でしょうか?(観光カリスマ山田桂一郎氏からのご質問です。)

日本とフランス2国間の交流をより深めていくことだと思います。今年は日仏交流150周年の記念すべき年ですが、今後もより深い関係を築き上げていくためにも私達がいろいろな活動を行い、相互の理解を深めていきたいと考えています。また、相互の交流により出会いが生まれ、それを通じて心が豊かになっていくといいと思います。私自身いろいろな国を訪れ様々な人と出会ってきましたが、どれもとても良い経験でした。その国のことを深く知ることで、お互いの距離がぐんと縮まります。出会いを通じた心の豊かさというものを多くの人に広げていきたいと思います。

 

Q14.今後の抱負をお聞かせください。

フランスと日本の相互の関係を深めていくとともに、フランスを訪れる日本人旅行者のためにも、様々な要望に応えられるようにしていき、より快適な旅を提供できればと思います。旅に人が何を求めているのかを知り、多くの人の声に耳を傾けていくことが私の役目です。私はこの観光の仕事が大好きで、今まで仕事に行きたくないと思ったことは一度もありません。今後も日本を知り、フランスの魅力を伝えていくこの仕事に胸を張って取り組んでいきたいと思います。

インタビューへのご協力誠にありがとうございました。

最新のインタビュー

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年