インタビュー

印刷用ページを表示する

2008.08.10

株式会社ジェーティービー 取締役相談役 舩山龍二氏

インバウンドを知らずに旅業を語るな

株式会社ジェーティービーの取締役相談役だけでなく、JGA(日本観光通訳協会)やTIJ(日本ツーリズム産業団体連合会)などの会長として業界を牽引されている舩山龍二氏にインタビューをいたしました。

【日時】2008年9月10日(水)15:00~16:30
【場所】JTB本社

【経歴】
舩山龍二(ふなやまりゅうじ)
株式会社ジェイティービー 取締役相談役

生年月日 昭和15年2月6日

【略歴】
昭和15年 山形市生れ
昭和37年 東京教育大学理学部卒業後、(財)日本交通公社(当時)入社。
支店長、国内旅行部長、経営企画部部長等を歴任後、平成3年取締役九州営業本部長、平成5年常務取締役人事部長に就任。
平成8年 代表取締役社長に就任、同14年6月代表取締役会長就任
平成20年6月 取締役相談役へ就任

【社外役職】
日本観光通訳協会 会長(2003年2月~)
日本ツーリズム産業団体連合会 会長(2004年6月~)

【政府関連】
国土交通省・交通政策審議会の委員として観光分科会、航空分科会のメンバーでもある

【賞罰】
2007年 国土交通大臣賞

以下、インタビューの内容です。

 

Q1.舩山氏は、現在JTB取締役相談役、JGA(日本観光通訳協会)会長、TIJ(日本ツーリズム産業団体連合会)会長を務められておりますが、それぞれのポジションでどのようなことに取り組まれていらっしゃるのでしょうか?

まずJTBの取締役相談役ですが、私は代表取締役社長と会長を経験してきたので、それらの経験をもとに会社の方向性が間違わないよう、裏で支えるような役割を担っています。ですので、特に表に出て意見を述べるようなことはあまりありませんが、私はこの会社で一番の古株で、古い時代から得てきた経験を伝えていくことが私の役割として非常に重要だと思っています。JTBはあと4年で設立から100年経ちますが、私は現役の中で一番その歴史を知っています。例えば、弊社の看板商品でもあるLOOK JTBですが、それを立ち上げた頃の苦労話もよく知っています。当時JAL PACKに対抗し、あらゆる素材を使って商品をつくり上げることが旅行会社の役目だと考え、JTBの商品を作るために奮闘しました。しかし、当時JTBはまだまだ小さな企業であったため、商品化するだけの力がほとんどなかったのですが、日本通運と組むことでLOOK JTBを作ることができました。もちろん最初の頃は、売上にも大きな差がありました。今ではJTBの看板商品となっていますが、ゼロから作り上げた苦労を私は良く知っていますので、そのような古くからの経験と、経営者としての経験から、旅行会社としてあるべき姿や、会社を良くするための話、経営者としての考え方などを伝えています。

JGAの会長については、やはり通訳ガイドの方々が抱えている様々な問題を解決していくと共に、職業としての価値観を教え、就業の機会も増やし、個人の仕事である通訳ガイドの仕事を総括的にサポートしています。

TIJは様々な旅行関連団体の集まりであり、ツーリズム産業はどの程度、世の中に貢献しているのかというデータ分析や、インバウンドではVJC(ビジット・ジャパン・キャンペーン)のサポートをしたり、あるいは人材開発のための教育として大学で講演を行い、若い人材に対する呼びかけ等を行っています。

また、これ以外の機関や団体にも属し、様々な仕事を担っています。

 

Q2.舩山氏が旅行業界に入られたきっかけとは何だったのでしょうか? また、過去のキャリアの中で持ち続けた価値観やテーマは何でしょうか?

もともとは教員を目指していたのですが、たまたま受けたJTBの採用試験に合格したのがきっかけとなりました。また、大学で地理を学んでいたり、旅行にもよく出かけていたこともあり、興味を持つようになりました。

入社後は販売課長や支店長などを経験しましたが、その中で自社の商品を売る「営業」の仕事は重要だと感じました。販売する商品を磨きあげることによって、それをお客様に喜んでもらうということです。

また、私は「会社を良くするための3つのポイント」というものを掲げています。

まず一つ目は、「良いサービス、良い商品を提供していくこと」です。良いものを提供していくことでお客様に喜ばれ、さらに社会的に優良な会社であると認知されることです。

そして二つ目は、良いサービス、良い商品を提供していくために、「社員が創造と挑戦を繰り返していくこと」です。自ら積極的に行動していくことで自己実現し、達成感を生み出していきます。

そして三つ目は、「会社として利益を出すこと」です。やはり会社を経営していく以上、利益を生み出さなければいけないということ、利益が出た場合には、きちんと株主や社員へ還元するということも大切です。

支店長時代の時も、会社のトップに立った時も常にこれらのことを頭の中に置いて行動をしてきました。

また、経営者としての心構えとしては「決して逃げてはいけない」ということです。どんな状況に陥ったとしても、トップとして背中を向けてはいけないと思っています。さらに、「決断力」も必要です。例えば、98年のワールドカップの時、観戦チケットが足らないという事件がありました。その時チケットが取れなかったことを謝罪し、お客様の旅費もすべて負担するという決断をしましたが、それにより会社の信頼を得ることができました。時に大きな決断を迫られることもあるため、その際の決断力も非常に重要です。

 

Q3. 10月に観光庁が設立されますが、それに期待することは何ですか?

「観光」というものはあらゆる省庁が関わっています。例えば、修学旅行は文部科学省、エコツーリズムは環境省、グリーンツーリズムは農林水産省、産業振興として街の活性化に取り組んでいるのは経済産業省、というように、「観光」に対しては様々な省庁が関連しており、観光庁設立によりこれらを横断的にまとめることができるようになると思います。

実際に観光庁ができてからの官と民のそれぞれの役割についてですが、やはりプレーヤーは民間であり、それをサポートするのが官の役割として、うまく連携していくことが重要だと思います。また、「官」の中には自治体も含まれますが、最近では自治体もきちんと観光部署を設置するようになり、観光産業への取り組みを強めてきています。人口の減少により、交流人口を増やすことで街を活性化させようとしています。しかし、これまでの日本は経済ばかりに目がいっており、街の景観を守ろうとしてきませんでした。そのため、まだまだ改善するべきことがたくさんあります。

国からの助成金等のサポートもありますが、それだけに頼らず街が一体となって、それぞれのオリジナルを生かせるよう努力していく必要があるでしょう。

 

Q4. 業界では2020年までに訪日旅行者数2000万人にするという目標がありますが、それに向けての課題をどのようにお考えでしょうか?

まずは、今の日本の観光というのは、日本人のためだけの観光と言えると思います。これまでは日本人の国内旅行者に向けた観光ばかりで、外国人を受け入れるという姿勢がありませんでした。そのため、ようやくインバウンドに力を入れ始めたとはいえ、外国人を受け入れるという体制への変換はまだまだだと思います。例えば、日本の宿泊施設は一泊二食付きというスタイルが多く、これでは行動範囲が狭くなってしまいます。これを泊食分離にし、食事は外で取ってもらうようにすることで、街全体でお金を使ってもらうようになり、長期滞在的な街へと変わっていきます。

また、旅行会社の全国に広がる店舗においてインバウンドに取り組んでいないということも一つの問題です。地域の外へ連れて行くアウトバウンドの仕事はありますが、外から来る観光客に対するインバウンドの仕事をしているところがほとんどないというのが現状です。まだまだ業界の中でもインバウンドに対する知識が浅く、これまであまり深く取り組んできていませんでしたが、ようやくインバウンドへの切り替えをしようとしているところだと思います。

私は入社当初インバウンドの仕事に携わっていため、インバウンドは私の学び舎でもあり、その苦労もよく知っています。現在の旅行業界はインバウンドのことをよく知らない方が多いのですが、私から言わせてもらえば、「インバウンドを知らずして、旅行業界を語るべからず」と思います。インバウンドは非常に重要であり、経済ばかりに走ってきた日本にとって、日本を理解してもらうことは、本当の先進国になるための条件だと思います。また、国内消費が減少する中、日本を活性化させるための起爆剤でもあります。そのため、もっと力を入れてインバウンドに取り組むべきだと思います。

 

Q5.この課題を解決するためには何が必要でしょうか?

国だけに頼らず、民間も自ら動かなければならないと思います。頼ってばかりでは何も問題は解決しません。己の強い意思を伝えることが必要だと思いますが、そういう意味では人材育成は非常に重要だと思います。私は大学で講演を行ったりしていますが、学生へ観光や旅行業界の話をすることで、観光に対する認識を深めると共に、観光を学問としてさらに成長させる必要もあると考えます。最近大学では観光学部が増えてきていますが、必ずしも観光・旅行業界と大学の観光学部が結びついているとは言えません。これはまだ観光学部に対する世間の認識が薄いということだと思います。

自治体が観光に力を入れ始めている今、その地域にある教育機関を含めて、地域を盛り上げていく必要があると思います。官と民だけでなく、学も含めた3つの連携が、今後の観光を盛り上げていくポイントになるでしょう。

その際には必ず地域を愛する人々の存在が必要であり、地元の人々が中心となって地域の活性化に貢献する必要があります。

 

Q6.舩山氏のお考えになる日本の魅力とは何でしょうか?

1つは、日本固有の伝統文化だと思います。そして、2つ目は日本の自然。3つ目は日本人の持つホスピタリティだと思います。これら3つが日本の魅力であり、まだまだ世界中から人々を呼び寄せることが可能だと思います。また、本当にいい場所というのは、その土地の自然とそこに住む人々の暮らしの調和がとれているということです。これらを満たす地域は日本にはまだたくさんあり、日本もまだまだ捨てたものではないと思います。

 

Q7.舩山氏のお考えになる「観光立国」とは何でしょう?

観光立国とは、人々が行き来し、交流を深めることでお互いを理解し、学び、そしてそれぞれの土地へ敬意を示すということであり、一つの国民運動的なものだと思います。国民全体が観光立国への意識を高めていかなければなりません。また、観光とは「国の光を観る」ということですが、観るだけでなく相手にも「国の光を魅せる」必要があります。そういった意味でもインバウンドは非常に重要なことだといえます。

 

Q8.「民間外交官」として活躍される通訳案内士の方々へメッセージをお願いいたします。

もともと私は通訳ガイドの方のアサイメント業務に携わっていため、私自身通訳ガイドの方への数少ない理解者だと思っています。ですので、通訳ガイドの方の御苦労も理解しております。まずは、職業として安定的に仕事を供給するための問題を解決しようとしているところです。

もしインバウンドに本腰を入れるのであれば、本当にその地域だけの専属のガイドをつけるべきだと思います。やはり本当によいサービスを提供するためにはその土地をよく理解し、経験の多いガイドがいいと思います。もちろん観光はシーズン的な要素が強いため、一時雇用の方が楽なのですが、よいサービスのためにも、地方は多少の投資が必要でもやるべきだと思います。

ガイドの仕事はまだまだ仕事の供給面では難しい部分がありますが、とてもやりがいのある仕事ですので、ぜひとも頑張ってもらいたいと思います。

 

Q9.仕事を続ける上で必須条件である心身の健康キープ法についてアドバイスをお願いいたします。(取材にご協力いただいた通訳案内士高宮暖子氏からのご質問)

健康法は、絶えず目的を持つことだと思います。私は朝起きると必ず、今日はこれとこれをやる、と心の中で決めます。だらだらと生きるのではなく、一日一日何をするのかという明確な目的を持つことでメリハリのある生活を送ることができます。ですので、私は常に自分の人生を時代区分することができます。いつ誰と何をしたのかということをすぐに思い出すことができ、自分の人生を振り返ることができます。また、一緒に歩んでいく仲間たちを大切にすることも重要です。一緒に大きな目標に向かって進んで行くことはやはり楽しいものだと思います。

 

Q10.今後の抱負をお聞かせください。

少しゆっくりしようと思っています。実は社長引退後の会長時代も兼任の役職や講演等で絶えず忙しい日々を送っていました。その会長職も引退したため、少し楽になるかと思います。ただもちろん今後も業界のステータスを上げるために、できる限りのことはしたいと思っています。例えば、先ほどあげたよい会社のための3つの条件であったり、旅行業の苦労や面白さを伝えていくことで、よりこの業界を活性化させていければと思います。

取材へのご協力誠にありがとうございました。

 

最新のインタビュー

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年