インバウンドNews

印刷用ページを表示する

★インバウンド重点テーマは、地域活性化、IT/データ活用、人材の育成! 政府、骨太方針・成長戦略を閣議決定

2017.06.15

政府はこのほど、臨時閣議を開催し、2017年の経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)及び、新たな成長戦略「未来投資戦略2017」を決定した。

骨太の方針では、消費の活性化のためには、新たな成長市場を創出することが大切としたうえで、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックを見据えて観光・旅行消費の拡大を目指すことにも触れている。

未来投資戦略では、IoTやビッグデータ、人工知能(AI)、シェアリングエコノミーなどを取り入れて快適な社会をつくる構想「Society 5.01」の実現を目指すと言及。

観光関連分野については、主に以下の内容に重点的に取り組むとしている。

 

1.赤坂/京都迎賓館・桂離宮などの公的施設の開放、国立公園のブランド化、古民家再生や促進、ナイトアクティビティの強化などを推し進め、観光資源の魅力を高めること

2.民泊の健全な普及、宿泊産業のICTの活用、宿泊施設間の連携などを通じて、宿泊業界の改革を推し進めること、

3.ビザ要件の緩和や、旅行業法・通訳案内士法の改正を通じた着地型ツアーの造成、地域ガイドの養成、世界水準のDMOの形成を通じて、地方創生を推進する環境を整備すること

4.都道府県別の入込客数や消費額の統計調査の算出とこういったデータの民間への開放を通じて、観光マーケティングの高度化に取り組むこと 

5.観光関連の経営人材や専門人材の育成に取り組むこと。

(やまとごころ編集部) 

詳細:

【内閣府】経済財政運営と改革の基本方針2017

【首相官邸】「未来投資戦略2017-Society 5.0の実現に向けた改革-」について

 

関連インバウンドNews

バックナンバー

2017年

2016年