インバウンドNews

印刷用ページを表示する

インバウンド注目ニュースTOP5(9/2~9/8)

2017.09.11

1位

国交省運輸局、2018年度予算4400億円要求。東京オリパラ見据え、羽田・成田両空港で8万回拡大を目指す

国土交通省はこのほど、2018年度の運輸局の予算概算要求の概要を発表した。

羽田・成田・関空・中部の4つの国際拠点空港の事業で、810億円を要求。このほか、一般空港に関する事業で1135億円、航空路整備事業370億円など、合計で4400億円を要求した。

詳細はこちら

 

2位

沖縄県へのクルーズ船寄港、7月は昨年の8割増

今年7月、沖縄県へのクルーズ船寄港は前年同月から8割増しの71回にのぼった。

同月に沖縄を訪れた外国人客は前年同月比34.7%増の29万2700人となっているが、好調な沖縄観光をクルーズ船の寄港回数の増加が全体を引き上げた。

詳細はこちら 

 

3位

農水省「インバウンドx農泊」を推進、全国でシンポジウム開催

農林水産省は、農山漁村滞在型旅行である「農泊」を普及・推進させるため、全国9か所で『農泊シンポジウム』を開催している。

5日には熊本市で九州ブロックのシンポジウムが開催され、約200人が参加した。インバウンド×農泊が拓く農山漁村や、地域の魅力再発見、資源活用方法についてなどが議論された。

詳細はこちら

 

4位

昇龍道プロジェクト、タイで認知度向上目指す

中部や北陸への訪日外国人客の誘致を目指す官民組織「昇龍道プロジェクト推進協議会」が、9月5日からタイに使節団を派遣した。

タイからの訪日客は2014年の約66万人から、2016年には90万人を超えるなど、年々増えてはいるが、「昇龍道」の認知はまだ十分といえない。

詳細はこちら

 

5位

百貨店大手5社、8月売上高は全社前年超え。免税売上高は3社で5〜8割増と大幅に伸長

9月1日、百貨店大手5社が2017年8月の売上速報を発表し、全社が前年実績を上回った

大手5社のうち、最も高い伸び率を見せたのは阪急阪神百貨店で、前年同月比5.4%増、インバウンドは化粧品を中心とした消耗品とジュエリーなどが好調で、免税売上高は約8割増となった。

詳細はこちら

 

関連インバウンドNews

バックナンバー

2017年

2016年