インバウンドNews

印刷用ページを表示する

★京都市、外国人観光客向けチケット販売システムの実証実験を開始

2017.10.12

京都市は10月12日より、公式多言語観光サイト「Kyoto City Official Travel Guide」上で、外国人観光客向けのチケットを購入できるシステムの実証実験を開始した。

実証実験では、外国人観光客向けの各種チケットの販売システムを構築し、事業者がシステム上でチケットの情報を入力すると、外国人観光客が掲載されたイベントをクレジットカードで購入できるという仕組みだ。購入が完了するとQRコード付きの電子チケットが外国人観光客に送られ、イベント当日は専用アプリを用いて受付を行う。

時代祭有料観覧席、市民狂言会、サムライ剣舞シアター、茶道体験カメリア、京都市交響楽団、京都国立博物館といった、祭りや伝統文化、体験コンテンツ、音楽、エンターテイメントなど、幅広いコンテンツのチケットを試験的に販売していく。

実証実験は、12月15日まで約3か月間実施される。販売実証を通じて、外国人観光客のチケット購入環境の向上につなげることが目的。これは、観光庁の平成29年度「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業(実証事業)」を活用したもの。

(やまとごころ編集部)

 

関連インバウンドNews

バックナンバー

2017年

2016年