インバウンドNews

伝統産業の危機を救え!地域創生一大プロジェクト 家康公がニューヨークで名古屋の武将文化をPR!

2016.10.20

サムライの聖地として知られる名古屋は、日本で3番目に大きい都市。
にもかかわらず、名古屋市が6月に実施した主要都市の魅力度ランキングでは最下位になり、全国ニュースに多数取り上げられました。
そこで立ち上がったのが、「名古屋おもてなし武将隊」の将軍・徳川家康公です。
名古屋は”サムライ文化”という大きな武器があるにも関わらず、魅力度最下位。サムライ文化を真に求める人は、日本人ではなくむしろ外国人なのではと考え、これに興味を示す欧米諸国、その中でも世界の一大情報発信都市ニューヨークを訪問。特に彼らは日本の精神文化を求めることから、真髄である「武士道」をメインに発信、都市の観光魅力を声を大にして伝えます。
現在、国が地域活性事業を推し進めているなか、「名古屋おもてなし武将隊事務局」は 経済産業省 中小企業庁の事業「ふるさとグローバルプロデューサー育成支援事業」を手がけています。これは、地域の魅力を世界に発信できる人材を育成する事業です。今回、アメリカには武将隊とともに、このふるさとグローバルプロデューサーの候補生(4名)が同行します。地域の海外発信に欠かせないウエブサイトやソーシャルメディアを活用し、ニューヨーカーに武士道を説く様子など発信し、名古屋の地域文化や魅力をPRします。
また、外国人が求めるものとして、中部地区で伝統技術を持つ本家本元の先生たちから教えを受けられるVIP体験ツアーの制作を予定。日本の伝統産業の活用を模索します。
この大きな挑戦を拡散させるべく、取材いただきますようお願いいたします。

名古屋の隠された魅力を発信!
家康公がサムライの真髄『武士道』を伝えにNYへ。

■日時 :2016年10月25日(火)~31日(月)
■場所 :ニューヨーク
■実施 :武将隊の家康公がニューヨークにて、サムライの真髄を教える武将講座を実施し、名古屋文化をPRします。
ニューヨーカーの求める歴史、精神性など
『天下泰平のつくり方』『将軍流リーダー論』 など

■スケジュール:(一部)<<NYよりSNSで随時発信>>
10/25(火) Path Interactive(現地SNS会社)
⇒将軍自ら、ソーシャルメディア研修受講

10/28(金) 名門コロンビア大学(剣道・なぎなたクラブ)
⇒学生へ武士道、リーダー論など伝授

10/29(土) 日本クラブ 山田彊一氏個展
⇒「日本の妖怪」についてトーク

10/30(日) JAPAN SOCIETY「おばけ・ファミリー・デー」
⇒子どもたちへ「恐れから学ぶこと」

10/31(月) 本場ハロウィンパレード参加
■家康公の最新位置情報 FB・・・・ https://www.facebook.com/10samurai.nagoya/
HP・・・・・http://10samurai.com/

【お問合せ】 名古屋おもてなし武将隊事務局 東京チーム(株式会社三晃社 東京支社内)
■担当:堂原
■電話 :03-5501-7071
■メール:dohara@sanko-sha.co.jp

関連インバウンドNews

バックナンバー

2017年

2016年