第12回やまとごころ勉強会&交流会レポート

第12回やまとごころ勉強会&交流会レポート

【日時】 2010年8月20日 15:00~
【場所】 Nツアービル8階 (秋葉原)
【講師】 JTIC. SWISS代表 山田桂一郎氏

今回のやまとごころ勉強&交流会は、スイスから日本に滞在中の山田桂一郎氏に、過密なスケジュールの合間を縫ってご講演いただきました。

 

山田氏は1987年からツェルマット観光局で日本人対応のインフォメーションなどを担当された後、日本語インフォメーションセンターJTIC. SWISSを創設、さらに環境省環境カウンセラー、日本エコツーリズム理事、まちづくり観光研究所主任研究員としても活躍を続け、2005年には内閣府、国土交通省、農林水産省認定の観光カリスマに選出されました。

 

講演は『~選ばれ続ける観光・リゾート地とは~ 「勝ち残る!」のではなく「価値残る!」ために』と題し、観光立国スイスと日本の各地での経験に裏付けられたビジョンの下で、鋭い分析力を用いながら、長期にわたってお客様に選んでもらうための具体的な提言が行なわれました。

 

目次:
「勝ち残る?」 誰に勝とうとしているのか? ライバルはどこに?
地域全体の利益を上げ、持続可能な形を
観光とは「非日常」と「異日常」を提供する商品
日本のライバル国はどこ?
観光で国のトータルイメージをブランド化
オンリー・ワン、ナンバー・ワンなら選ばれるのか?
「らしさ」と「ならでは」の追求
<取材後記>

詳しくはこちらをご覧ください。

やまとごころアカデミー

勉強会一覧