第28回やまとごころ勉強会&交流会レポート

第28回やまとごころ勉強会&交流会レポート

【日時】2012年7月12日(木)15:00~17:00
【場所】ハロー貸会議室 新宿 Room D
【主催】ポータル・ジャパン株式会社
【講師】マレーシアハラルコーポレーション株式会社代表取締役
アクマル・アブ・ハッサン氏

イスラム教徒の数は世界の人口の20%以上を占める約16億人とされ、彼らの中には多くの親日派がいるにも関わらず、日本側の受け入れ体制が整っていないため、なかなか日本に来ていただけていないのが現状です。
我が国のインバウンドの発展において将来的な可能性を秘めたイスラム教の観光客に安心して日本に来て頂くには、「ハラル」が重要なポイントになります。
ハラルとはイスラム教の用語で、「イスラム教の教義に従っていると判断されるもの」という意味ですが、「ハラルである」ということは、すべてのイスラム教徒にとっての必須事項です。
日本では未だなかなか認知されていない「ハラル」をどのように展開するのか、その重要性と共にインバウンドに求められるハラル認証の最前線について語っていただきました。

 

目次:
●私の履歴書
●ハラルとは何か
●拡大するイスラム人口
●親日的な東南アジアのお国事情
●観光立国マレーシア
●ローカルハラルのすすめ
<取材後記>

詳しくはこちらをご覧ください。

やまとごころアカデミー

勉強会一覧