「2008年04月」アーカイブ : 山口吾往子(やまぐち あゆこ) - 京都文化紹介コーディネータ・通訳案内士のひとりごと

教室活動

IMGP0204.JPG

きのうの日曜日は、高校時代の友人でジャズピアニストのおうちで、6月22日(日)妙蓮寺内 円常院様でおこなう「にほんのうたJazz ミニコンサート&ワークショップ」の、ヴォーカリストさんとの初顔あわせ&打ちあわせをしました。 ピアニストの友人もですが、ヴォーカリストさんも、もう足かけ10年以上の活動歴の持ち主です。

IMGP0203.JPG

基本的に、開催者側のコンセプトだけお伝えし、あとはにこにこと(爆)二人のパフォーマンスにほれぼれと聴き入っていただけなんですけど・・・(^^)

もー、お二人の演奏、すばらしいです。ワタシ自身が、すごく楽しみになってきました。

あまり日本語で、しかもジャズとして歌われることのない唱歌をメインに、ピアノとヴォーカルのコンボで、ときにしっとり、ときにアップテンポにお届けする「和ジャズ」をお寺で!な感じになりそうです。

ふだん聞く機会のない「よく知っているあの歌」の英語訳を、歌詞カードをみながら一緒にうたってみるみたいな企画、逆に、外国のかたは日本語のうたを覚えてかえってもらう、みたいな感じで考えています。

さらに!楽器持参自由、飛び入り演奏参加自由にしたいとおもっています。
家に眠っているギター、ブルースハープ、フルート、サックス、三味線、尺八などなど、なんでも自由におもちくださいませ。一緒に音楽を国境をこえて楽しみましょう♪ すくなくともアルトサックスとフルート、篠笛だけは個人持ちのをもっていけますw

・・・てな感じのことを、これから外向けにがんがん広報していきまーす。たのしみです♪


京都

IMGP0182.JPG


少し京都から足を伸ばして、近江八幡近く、琵琶湖のほとりにあるカフェ「シャーレ水ヶ浜」へ。
ここは、琵琶湖を目の前に望む絶好のロケーションにあるだけでなく、お庭のお花がとても美しいので、大好きな場所です。

IMGP0185.JPG

IMGP0184.JPG

天気も良く、暖かかったので、琵琶湖を望むテラスでランチ。
カウンターごしには、もう琵琶湖が目の前。です。
桜の時期は、まるで桜のトンネルをぬけるような道を走ってこのお店に着きます。
いまは、燃えるようなまぶしい新緑に、琵琶湖の青。いやされますー♪

IMGP0188.JPG

いまは、パンジーだけでなく、もっこうばらや、ビバーナム、あけびの花が見事!

IMGP0192.JPG

菜の花も花盛りでした。

IMGP0193.JPG

お店の下にあるちいさな砂浜では、家鴨が遊んでいました。

IMGP0190.JPG


ゆったりした時間を自然のなかですごせました。ありがとうございました!


京都

IMGP0128.JPG

ムスメのバイオリン発表会があり、仙台から両親がきたついでに、左京区の緑寿庵清水によって、金平糖を買いました。

http://www.konpeito.co.jp/syouhin.html

日本で一軒しかない金平糖の専門店です。

ワタシにとっては、以前ご近所に住んでいたこともあり、個人的な思い出のかたまりのようなお店なのです・・・。

IMGP0133.JPG


とにかく、やんごとなきお家の3女さんがお嫁さんにいくときの引き出物として脚光をあびちゃってから、えらく繁盛されています。土日ともなると、ひっきりなしに観光タクシーが。たしかに、それだけの価値がある、素晴らしいお店です。(^^)

ちょっと、「知る人ぞ知る」お店であったころから知っているオールドファンとしては寂しかったりもするのですが(^^;)そんなことはさておき。
 
ヴォーヌロマネの金平糖や、ブランデーの金平糖、日本酒の金平糖なんつうのも予約すれば買えるんですよね。

いつも季節商品があるのがここの売りなのですが、こんかいは、しょうがの金平糖がおいてありました。

このしょうが金平糖が大ヒット!ちゃんと、しょうがの味がする!
ぴりっとして、大人向きですがみょうにくせになります。
なくなり次第終了なのがここの方針なので、もしよかったら、お近くのかたは、あるうちに買ってみてくださいまし。かなりよくできてます。ひょっとしたらもう売り切れてるかもですが・・・だめもとで。

京都

IMGP0101.JPGIMGP0102.JPG
きのうは、西陣の木野織物様の工房におじゃまして、工程を見せて頂くとともに、今後「おでかけ・西陣織工房見学・体験ワークショップ」をご一緒にできないかというご相談&ご提案をしてきました。

IMGP0092.JPG

実際に、縦糸5000本!という気の遠くなるような数の糸をあやつりながら、掛け軸用の金襴を織っておられる現場を見学させていただいたり。(西陣の帯などだとこの倍の10000本だそうです・・・)

西陣織ができていく過程に、たくさんの方々が関わって、車一台分もするようなみごとな芸術品ができあがっていくさまに、ただただ言葉もなく、感動するばかりでした。

IMGP0096.JPG

さあ、これを、きちんと企画に落とさねば!
私が感じたわくわく感が、みなさんに伝わるように、これから企画書書いて、全力でがんばろう!ってきもちになっています。

また引き続き書きますね。 みなさんに、実際の西陣織ができる工程を実際に見て頂き、勤続45年!のベテラン伝統工芸士さんの楽しいお話と、西陣織会館での織体験をセットにしたものを、7月くらいにかたちにできれば、という思いでいます。引き続きの報告、お楽しみに!

018.JPG
4月5日京都西陣は妙蓮寺様表書院にて行いました、「能への招待」ワークショップ、無事終了いたしました!

015.JPG

若手能楽師さん、吉田篤史さんの、力のこもった舞、
そのあと、みなさんとの交流の時間、とても主催した私としても、うれしくたのしい時間でした。

今回の演目は、「屋島」「巻絹」「鞍馬天狗」。それぞれについて、使われる能面、背景知識などの説明と実際の舞をごらんいただき、また、自分で「高砂」の謡も体験していただく、そして、その後、交流会をもち、能楽師さんに直に質問していただく、というものでした。

おなかの底から「高砂」の謡体験をされているみなさん、とてもいい表情をしておられました。
025.JPG

027.JPG

交流会もとてもアットホームでなごやかで、皆さんによろこんでいただけたみたいです。

みなさま、ありがとうございました!

つぎのワークショップ、「日本のうたJazzコンサート」の日程も、6月22日13時からと決定しました。こちらも、たのしみです。よーし、がんばるぞー(^^)

トップページに戻る:インバウンドビジネスプラットフォーム「やまとごころ.jp」

プロフィール

通訳案内士 山口吾往子

山口吾往子(やまぐち あゆ こ)

日本文化紹介ワークショップコーディネーター。2010年2月英語通訳案内士合格。日本語教師としての実践を経て、京都における外国人むけの英語での日本文化ワークショップ開催があまりに少ないことを痛感。通訳案内士業、次世代の子供たちへの英会話教育の傍ら、日本文化ワークショップコーディネータとして活動、および英語を媒介語とする日本語教室の設立にむけて準備中。

2014年8月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31