「通訳案内士」カテゴリ一覧 : 山口吾往子(やまぐち あゆこ) - 京都文化紹介コーディネータ・通訳案内士のひとりごと

通訳案内士

IJCEE日本体験文化交流塾ニュースレターに乗せていただきました拙文です。

water in the shrine.jpg

守りたい風景、伝えたい文化。
Come and save machiya townhouse
Deep Kyoto Tour-Enjoy a walking excursion of Kiyomizu machiya townhouses with a local machiya owner/artist.

■序

「往く川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず。よどみに消えるうたかたはかつ消えかつ結びて久しくとどまりたるためしなし」 鴨長明は文明のはかなさを鴨川にたとえました。人の営みは自然の前ではあまりにはかなく無力です。しかし京都は絶えず戦乱、地震、火災により破壊され、その度ごとに再建が繰り返されてきたまちでもあります。京都は、優しさと厳しさを併せ持つ自然の力によりそうように千年以上の時を超えて、常に不死鳥のごとく復興し続けてきたのです。
通訳案内士という職業柄、「何故日本人は木と紙で出来た家に住むのか?」とよく外国の方からご質問を受けます。木の家は吸湿性に富み、豊かな森と山に囲まれているため材料が入手可能であるためなど、いくつかのご説明は可能です。しかし、木で組まれた伝統的建築の枠組は基盤に固定しないため地震に強い、また、仮に地震という不可抗力で破壊されたとしても、木材を再利用して建て直しやすい、という、地震国ならではの長年の苦労もまた、ここに蓄積されているように思います。その意味で、木の家を考えなおすことは、今現在未曾有の大震災を経験している私たち日本人にとっても時宣を得た事ともいえるのではないでしょうか。miyagawacho.jpg

■京町家とは

「日本に、京都があって、よかった」といわれるように、京都は千年以上かけて日本文化を育んできたゆりかご、日本人の心です。京町衆の職場兼住宅である京町家は、文化の担い手である町衆の生活の器であるとともに、京都の景観の重要な一部です。町家は生活の器にとどまらず、観光都市京都の重要な観光資源でもあります。手を加えれば、町家は何百年もの間生き延びることができます。しかし残念なことに、その町家が京都の誇る数々の伝統技術とともにグローバライゼイションの波により絶滅の危機にさらされています。京都議定書が京都で採択されたのは決して偶然ではありません。環境破壊、地球温暖化が人類全体の課題である今こそ、環境と共生してきた京町家保全は、世界的に重要な課題といえるのではないかと思います。

■「京都まちづくりファンド」 Deep Kyoto Tour
chabudaimachiya.jpg

京都は多様な文化を取り入れつつ独自の市民社会を創成してきました。町衆の充実した経済に支えられ洗練された職人技術を継承しつつ、文化を後世に伝える役割を今も町家は果たしています。(財)京都市景観・まちづくりセンターでは京町家が育んだ文化を未来に伝えるため「京町家まちづくりファンド」を運営し、京町家の保全・再生・活用を支援しています。Deep Kyoto Tour は、地元ガイドが市民の生活に密着した奥深い京都の魅力を案内し、京町家にご招待する3時間のツアーです。最大の魅力は、地元ガイドとのふれあいや、参加者をガイドが住む町家にご招待することにより、町家の生活を疑似体験できることにあります。参加することで、京町家が持つ空間、暮らし、町作りの文化に気づき、参加費を支払うだけで町家の継承に貢献できるのです。五感を使った体験を通じて、町家に暮らした京都びとが培ったくらしの文化の持つ魅力にぜひ触れてください。1103walkingtour.jpg

<メッセージ> 今東日本で起こっていることは、西日本に答えがあります。世界中の方にご覧いただけたらと心から願います。筆者のふるさと宮城、東日本大震災の被災地では、木の杭が大地に打ち込まれる鎚音が、今日現在もひびきわたっています。それが、日本の、そして筆者の希望です。

■Deep Kyoto Tour
●Date:  Wednesday, May 25, 2011
●Schedule: 1:00pm - 4:00pm ( ending time is approximate )
●Cost: 2,000 yen per person
(500 yen will be contributed to the Kyoto Center for Community Collaboration's "Kyoto Machiya Machizukuri Fund" as part of their One Coin Contribution campaign. This contribution will be used for Kyoto machiya townhouse preservation.)
●Guide services are provided in Japanese and interpreted into English. French and Chinese speaking interpreters are also available upon request.

山口 吾往子 Ayuko Yamaguchi
(日本文化紹介ワークショップコーディネーター、通訳案内士)
問い合わせ・申し込み先:
machi.info@hitomachi-kyoto.jp「京町家まちづくりファンド」:http://kyoto-machisen.jp/fund/english/index.html

ほぼ同内容の英文ニュースレターも作成致しました。
別記事にいたしますので、ごらんいただければ幸いです。


通訳案内士

todaiji.jpg

前にも書きましたが、
現在、日本語教師としての活動をいったん休止して、
新人通訳案内士としての研修を受けたり、
個人で京都奈良の観光地を回ったりしています。

実は、2月中旬、まだ寒い折りに、
東京の富士アカデミー様の、
新人通訳案内士のための関東新人セミナー4日間に参加してきていました(^^)

そこで、関西のセミナーの講師の方にお誘いいただきましたので、
この3連休、みっちり関西新人セミナーも受講致しました!

何より、講師の方々の熱意、プロとしての心構え、
仕事に対する愛情、インバウンド業界全体へ貢献しよう、という情熱、
そういったものすべてに、心打たれて帰って参りました。

とーぜんですが旅行業界についてなんてなーんにも知らない状態なので、
オペレーションのありかた、業界用語などについても教えていただけ、
本当にありがたい限りでした。

教室のなかで、学習者さんに日本語をお教えすること、
裏方に徹して、日本文化ワークショップをコーディネートすること、
それはある程度やってきたのでしたが、
今回、通訳案内士は、
「お客様の旅行の楽しい時間を全面的にプロデュースしながら、裏方もこなす」
そんな「旅行プロデューサー」業なんだ、ってことを、
優しく、そして厳しく教えて頂いた気が致します。

私は、いままで、
日本語、それに付随する文化、歴史については
ある程度教えることができるようになってはいたと思います。

でも、日本文化全体についての正確な知識と、
「自分なりの意見」を持とうとしてきただろうか、
それを、だれにでもわかる、やさしい言葉で、
説得力をもってガイディングする、という意識をもってきただろうか、
というと、残念ながら否、だったなあ、と、自戒致します。

同じ外国の方と接する仕事でも、
立ち位置がちがうと、
こんなにメンタリティと、必要なスキルが違うモノなのか・・・。
痛感いたしました。

終了後、講師の方にお礼メールを出しまして、

「もう帰ってからへとへとでした・・・」
と書きましたら、

何を言ってるんですか!?
あの研修ではほんの一部分をガイディングしていただいただけですよ!
お客様をお連れしているときには、
前日確認に始まって朝のミートからお見送りまで、
ずっとガイディングとオペレーションをしないといけないんだから、
あれぐらいの研修でバテていてはダメですね~。」

うわー!
そのとーりでございますぅぅぅぅ(大汗)
さすがぁ・・・・
でも、厳しくも暖かいお言葉に、
ああ、私は、(ひよっこだけどw)
プロとして扱って頂いているんだなあ、と思いました。
それがプロ、ですよね。改めて、ほんと尊敬しました。

ありがとうございます!!

自分自身の、日本文化紹介ワークショップのコーディネート、
そのために、自分の幅を広げたい!

確かな知識と、ご案内する技術、自分自身の知見を身につけ、
自分なりに外国から来られる、日本に興味を持って頂いたかたに喜んでいただきたい!

そして、ちょっとでも、業界全体の「裏方」としても、
私のワークショップが役立つことがあれば、こんな幸せなことはないなあ・・・

そんなふうに思いました。

とりあえず、今は必死になって日本の歴史と、
京都奈良の仏像やお寺の知識を整理してます(汗)

なぜかって????

通訳案内士としての初仕事きまっちゃったんですぅ!!
京都と、奈良のバスツアーの案内のお仕事です。

嬉しいやら、緊張するやら・・・

とにかく、一生懸命頑張ります!


今回、とってもたくさん、同じ通訳案内士のかたがたのお知り合いができました。
心強い限りですし、とても楽しかったです。

富士アカデミー様、講師のみなさま、受講生のみなさま、ありがとうございました!(^^)


トップページに戻る:インバウンドビジネスプラットフォーム「やまとごころ.jp」

プロフィール

通訳案内士 山口吾往子

山口吾往子(やまぐち あゆ こ)

日本文化紹介ワークショップコーディネーター。2010年2月英語通訳案内士合格。日本語教師としての実践を経て、京都における外国人むけの英語での日本文化ワークショップ開催があまりに少ないことを痛感。通訳案内士業、次世代の子供たちへの英会話教育の傍ら、日本文化ワークショップコーディネータとして活動、および英語を媒介語とする日本語教室の設立にむけて準備中。

2014年8月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31