インバウンドコラム

2019年の春節休暇はどうなる!? 春節の基礎知識とトレンド情報

2019.01.22

印刷用ページを表示する



近年、インバウンド業界にとって重要な商戦期とされる「春節」。中国の旧正月にあたるこの時期は毎年大型連休となり、中国をはじめとしたアジアの国・地域から多くのインバウンド客が日本に押し寄せます。ここでは、春節に関する基礎知識をご紹介すると共に、今年の春節休暇中の傾向をみていきたいと思います。

 

春節って何?

春節とは、中国の旧暦における正月(旧正月)です。中華圏では最も重要とされる祝日で、旧暦の正月を盛大にお祝いします。毎年スケジュールが変わりますが、1週間ほどの連休になるのが通例です。中国本土をはじめ、台湾、香港、シンガポール、韓国、ベトナム、マレーシアなどでも国の祝日として祝っています。春節期間中には、各地で龍の舞や獅子舞といった伝統芸を披露するイベントが開催されるほか、家庭では大掃除や紅包(ポンパオ=赤い袋に入れられたお年玉)を渡すといった風習もあります。また、春節には餃子や湯圆(タンユエン=中国の白玉団子)などを食べる習慣があるそうです。一方、魔除けの習慣として大晦日の晩に行われていた爆竹や花火は、深刻な大気汚染を背景に禁止や制限をする動きが出ているようです。

 

2019年の春節はいつ?

2019年の春節(旧暦の1月1日)は2月5日(火)で、2月4日(月)から2月10日(日)までの7日間が春節休暇になります。以前は故郷に帰省して過ごすのが一般的でしたが、近年では帰省せずに国内外の旅行を楽しむ人も増えています。中国国家旅遊局が発表したデータによると、2018年の春節休暇には、過去最多の約650万人の中国人観光客が海外旅行をし、68の国・地域を訪れたそうです。

<2019年春節スケジュール>
2月4日(月) 大晦日
2月5日(火) 春節(旧正月)
2月6日(水) 休み
2月7日(木) 休み
2月8日(金) 休み
2月9日(土) 休み
2月10日(日)  休み
2月11日(月)  稼働開始

 

2019年の春節トレンドは?

一方、日本における春節休暇中のインバウンドの動きはどうでしょうか。JNTOの発表によると、春節休暇があった昨年2月の訪日客数は前年同月比23.3%の250万9,000人で、過去最高を記録しています。市場別でみると、中国は40.7%増の716,400人、台湾は同16.9%増の400,900人、香港は同26.9%増の178,500人となるなど、春節休暇中はマーケットが大きく動いているため、今年2月の訪日客数にも期待がかかります。中国紙・北京青年報は、2019年の春節休暇における海外旅行の予約件数は前年同期比32%増で、旅行価格も10%アップしていると伝えました。また、春節期間の人気海外旅行目的地トップ10は、タイ、日本、香港、シンガポール、ベトナム、インドネシア、モーリシャス、米国、オーストラリア、フランスの順です。このうち、プーケット島やダナン、バリ島をはじめとしたアイランドリゾートに予約が殺到しているそうです。日本の旅行先としては、温泉ツアーやスキーツアーの人気が高く、北海道、富士山、東京、京都、大阪も人気の目的地となっています。

 

中国人観光客は今、何を求めているのか?

中国アウトバウンドツーリズム研究所(COTRI)の発表によると、2018年における中国の海外旅行人口は、1.6億人と予測されています。2008年に約4,500万人だった中国人出国者数は、10年間でおよそ3.5倍に成長していることになります。昨年は、文化観光や教育観光といった「テーマ型観光」市場が大きく躍進し、「カスタマイズ旅行」市場も急成長を果たしたそうです。また、中国ではテーマパークや商業施設などの不動産建設ラッシュとなっており、おもてなし先進国である日本を訪れて、積極的に学びたいと考える経営者も増えています。

 

まとめ

中華圏の観光客にとって特別な時期となる春節。海外旅行をしていても、お正月を迎える気分は味わいたいものです。昨年の春節休暇中は、インバウンドを誘致する地域や事業者による餅つきや振る舞い酒といったイベントの開催や、春節キャンペーンの実施、福袋の販売といった動きが話題となりました。また、小売業では売り上げ増へとつなげるために、モバイル決済の導入も盛んに行われています。中国では赤が縁起の良い色とされており、春節前後は街中が赤一色に染まります。そのため、春節限定の赤い紙袋やディスプレイ、ノベルティグッズなども喜ばれるでしょう。「モノ」から「コト」へと変化する訪日客の消費傾向も踏まえ、いよいよ始まる春節シーズンの準備を進めていきたいですね。

 

編集部おすすめ関連記事:

2019年の春節インバウンド、中国人観光客の新しい消費シーンを追う

検索数から分かる春節の動向を調査。台湾・香港は「雪」目当て、韓国は?

 

 

最新記事