インバウンドコラム

【人民日報】第64回 「個人旅行好き」8割以上、「マイカー旅行」の選択7割以上

印刷用ページを表示する



今回のコラムでは、中国での個人旅行ニーズの高さについて取り上げている。数年前までは、圧倒的に団体旅行が多かったが、ここ最近は逆転して個人旅行者が多くなった。個人ビザ緩和の影響も大きいのだが、そもそも中国では個人旅行のニーズが高いことが理由にあるのだろう。

 

個人旅行へのアンケートを実施

春は行楽のベストシーズン。人々の旅行スタイルは、数年前から多様化の一途を辿っており、なかでも個人旅行が多くの人々にとって、好ましい旅行スタイルになりつつある。

中国青年新聞社社会調査センターと問巻網は先週、2001人を対象とした旅行に関するアンケート調査を共同で実施した。この結果、「個人旅行が好き」と答えた回答者は80.2%に上り、個人旅行の中で最も多かった旅行スタイルは、「マイカー旅行(74.4%)」だった。個人旅行を好む理由として、「自分の都合に合わせてスケジュールを調整できるから(63.3%)」、「個人旅行はより思う存分楽しめるから(62.3%)」などが挙がった。

 

「個人旅行が好き」80.2

 「旅行が好き」と答えた回答者は86.7%、「個人旅行が好き」とした人は80.2%。また、個人旅行のうち最も多い旅行スタイルは「マイカー旅行」で74.4%、「自転車旅行」は47.4%、「徒歩旅行」は40.7%、「公共交通機関による旅行」は36.4%、「状況に応じて決める」は16.9%だった。

写真2 (3)

個人旅行が好まれる理由については、「自分の都合に合わせてスケジュールを調整できるから(63.3%)」、「個人旅行はより思う存分楽しめるから(62.3%)」、「自分が立てたオリジナルのスケジュールの方がより面白いから(58.1%)」、「個人旅行の方がコストを低く抑えられ、より経済的だから(44.2%)」、「個人旅行ならば、強制的なショッピングに連行されることはないから(40.6%)」、「オンラインで切符やホテルを予約する方が便利だから(27.1%)」などが挙がった。

 

個人旅行の注意点

個人旅行をめぐり注意すべき点として挙がったのは、「資料を調べるなど事前準備を十分に行い、効率的に旅行すること(61.6%)」、「最良の旅のパートナーと旅行に出かけること(61.2%)」、「早めに交通機関の切符やホテルの予約を行い、確保しておくこと(57.6%)」、「個人旅行の目的地は偏りすぎないこと(46.6%)」、「出発前に旅行傷害保険に加入しておくこと(34.7%)」、「出発前に健康診断を受診しておくこと(15.9%)」などが挙がった。

回答者を年齢層別でみると、「00後(2000年以降生まれ)」が1.5%、「90後(1990年代生まれ)」が29.5%、「80後(1980年代生まれ)」が51.1%、「70後(1970年代生まれ)」が12.9%、「60後(1960年代生まれ)」が4.6%。居住地別では、一線都市の住民が31.3%、二線都市が45.4%、三・四線都市が18.3%、県政府所在地は3.7%、農村は1.2%だった。

 

最新記事

バックナンバー

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年