インバウンドセミナー・イベント

大阪府立大学 他 主催/観光産業戦略研究所10周年記念シンポジウム「メルボルンの食文化・観光戦略から学ぶ」

【開催日時】

2018年3月23日(金)14:00~17:00(受付13:30〜)

 

【企画概要】

大阪市とオーストラリア・メルボルン市は、1978年に姉妹都市提携を締結し、経済、教育、文化等、幅広い分野で交流を進めてまいりました。2018年は、姉妹都市提携を締結してから40周年の記念すべき年になります。

メルボルンは、オーストラリア南部に位置し、世界で最も住みやすい街として名高く、美食都市としても有名です。そこで、メルボルンの食文化・観光戦略の知見を共有し、大阪市の都市創造のビジョンおよび実績を考える場として、本シンポジウムを開催いたします。

 

【プログラム】

14:00 開式あいさつ
14:05 メルボルン市代表あいさつ
14:15 大阪市代表あいさつ

14:20 基調講演
 大阪府立大学研究推進機構 観光産業戦略研究所 所長 橋爪 紳也 氏

14:50 講演1「メルボルンの食文化と観光戦略」
 メルボルン市議会議員 フィリップ・リー・ルー氏

15:35 講演2「貿易と投資から見た日豪の食の交流」
 在大阪オーストラリア総領事館 総領事 デイビッド・ローソン氏

15:50 講演3「メルボルンの食の風景」
 写真家 ステフ・ドラン氏

16:05 パネルディスカッション「メルボルンの食文化・観光戦略から学ぶ」
 〈パネリスト〉橋爪 紳也 氏、フィリップ・リー・ルー氏、デイビッド・ローソン氏、ステフ・ドラン氏
 〈モデレーター〉日本フードツーリズム学会 会長 尾家 建生 氏

※プログラムは変更になることがあります。
※言語:日本語・英語(日英逐次通訳)

 

本イベントの詳細はこちら

 

【対象者】

都市政策関係者、インバウンド関係者、飲食関係者、メルボルン市親善交流者、学生

 

【主催】

大阪府立大学 研究推進機構 観光産業戦略研究所、日本フードツーリズム学会

 

【共催】

大阪市、メルボルン市、公益財団法人 大阪国際交流センター

 

【後援】

在大阪オーストラリア総領事館、オーストラリア・ビクトリア州政府東京事務所

 

【協力】

大阪国際交流センター(運営事業者:株式会社 コンベンション リンケージ)

 

【開催概要】

大阪府立大学 他 主催/観光産業戦略研究所10周年記念シンポジウム「メルボルンの食文化・観光戦略から学ぶ」
開催日時

2018年3月23日(金)14:00~17:00(受付13:30〜)

会場

大阪国際交流センター 小ホール
(大阪市天王寺区上本町8丁目2番6号)
地図

定員

150名(先着順)

参加費

無料

お申込み方法

「Eメール」で、件名を「シンポジウム参加申込み」とし、(1)所属名、(2)住所、(3)連絡先、(4)氏名をご記入の上、次の宛先までお申込みください。
jimu@foodtourism.jp

※受付確認の返信はいたしませんのでご了承ください。

お問合せ

研究推進機構 観光産業戦略研究所
担当: 尾家
E-Mail: oie.tateo@coral.plala.or.jp

日本フードツーリズム学会事務局(大阪観光大学内)
TEL: 072-453-8222

その他のセミナー