インバウンドセミナー・イベント

公益社団法人日本青年会議所北海道地区協議会 主催/北海道JCフォーラム2018

jcforum2018ban_l_0330

公益社団法人日本青年会議所北海道地区協議会(所在地:北海道札幌市、2018年度会長:中村圭)は4月28日(土)、札幌市内で『北海道JCフォーラム2018』を開催します。『Hokkaido Design』をテーマとして、2つのフォーラムを各90分ずつ実施。北海道が抱える課題の解決に向けて北海道民一人ひとりが主体的に行動を起こす一助にしていただくためのイベントであり、参加予定人数は約1,200人、入場は無料(先着順)です。

 

第1部「北海道インフラDesignフォーラム」

遠く離れた道路は、自分の生活とは関係ないと思っていませんか? 北海道における交通インフラは他県と比較して開発が10年遅れています。この遅れは各地産業の 衰退へ直結し、北海道経済を疲弊させている要因であり、皆さんの生活へと影響しているのです。当フォーラムでは、交通インフラへの投資が促進するために、道路の役割、現状と課題、北海道の未来像から何をすべきかを議論していきます。官民両立場からパネリストをお招きし、民間としてできる運動と官庁の考えから、北海道の未来を交通インフラからデザインします。

 

第2部「北海道一受けたいインバウンド授業フォーラム」

インバウンド需要による地域経済活性化および雇用創出、地方創生への可能性を見出して、魅力と誇りに溢れる北海道の創造を目指します。北海道民一人ひとりがその日から取り組める行動を提示して、未来をデザインします。

ファシリテーターは株式会社北海道宝島旅行社 代表取締役社長の鈴木宏一郎氏。スピーカーに、インバウンド戦略アドバイザーで株式会社やまとごころ代表取締役の村山慶輔氏、インバウンドコンサルタントでNPO法人コンベンション札幌ネットワーク理事のポール・ハガート氏、株式会社MASSIVE SAPPORO代表取締役の川村健治氏をお呼びします。

フォーラムでは基調講演として「インバウンドの現状」についてお話いただいた後に、「インバウンドのもつポテンシャル」「インバウンドをデザインする」をテーマにトークセッションが行われます。現状、可能性、成果とつながる流れの中で、スピーカーから生まれる様々な発想で描く「Hokkaido Design」はまさに”ここでしか聞けない”ライブです。

 

北海道JCフォーラム2018
開催日時

2018年4月28日(土) 14:00〜17:50

会場

わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)

住所:〒060-0001 札幌市中央区北1条西1丁目

定員

先着順

参加費

無料

お問合せ

【イベントホームページ】
HP:https://hokkaidojc.com/jcforum/

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:公益社団法人日本青年会議所北海道地区協議会

TEL:011-241-3402

Email:hokkaido-jc@mtj.biglobe.ne.jp

その他のセミナー