インバウンドセミナー・イベント

美ら地球CEO 山田 拓の対談シリーズ「サステイナブルな田舎の作り方」

 

「クールな田舎をプロデュースする」ことをミッションに、地方部において様々な新たなプロジェクトに関わる美ら地球CEO山田拓が新たな社会(特に地方部における)とサステイナビリティをテーマに、各分野の第一人者と語り合うトークセッション

2020年は、全国に先駆けてスタートした地方部におけるツーリズム事業「SATOYAMA EXPERIENCE」10周年の節目の年です。SATOYAMA EXPERIENCEを運営する(株)美ら地球はこの節目に木造の新築町家をメイン棟に据えた分散型ホテル事業を開始し、大きな新たな一歩を踏み出しました。

この新たな一歩をきっかけに、このチャレンジを応援すべく駆けつけてくれた各分野の第一人者と共に、持続可能性が求められる社会における地方部/田舎のあり方を探っていきます。

 

株式会社美ら地球CEO 山田 拓

自社事業イナカを求める外国人向け1ストップ・ソリューションSATOYAMA EXPERIENCEのプロデュースに加え、地方部各地における地域資源を活用したインバウンド・ツーリズム関連を中心とした多くの事業開発に従事。内閣官房地域活性化伝道師。(一社) 山陰インバウンド機構 山陰DMOアドバイザー 著書:「外国人が熱狂するクールな田舎の作り方」(新潮新書)

 

 

【第1回】「ローカル✕サステイナブル経営を考える」

2020年7月29日(水) 19:00~20:00(終了)

前パタゴニア日本支社長 辻井 隆行 氏

1968年生。早稲田大学大学院社会学科学研究科(地球社会論)修士課程修了。99年、パートタイムスタッフとしてパタゴニア東京・渋谷ストアに勤務。2000年、正社員として入社。鎌倉ストア、マーケティング部門、卸売り部門を経て、2009年から2019年まで日本支社長。2019年秋、器の限界を感じて日本支社長を退任。現在は、自然と親しむ生活を送りながら、企業やNPOのビジョン・戦略策定を手伝いつつ、# いしきをかえよう の発起人の一人として、市民による民主主義や未来のあり方を問い直す活動を続ける。2016年、日経ビジネス「次代を創る100人」に選出。

 

【第2回】「地方部の町並みのこれからを考える」

2020年8月1日(土) 17:00~18:00(終了)

東京大学名誉教授 國學院大學教授 西村 幸夫 氏

都市計画、まちづくりの第一人者。都市計画・都市再生の観点から、都市景観づくり・町並み保存など幅広い分野において全国各地で活躍する。日本イコモス国内委員会委員長、文化庁参与、観光庁MICE国際競争力強化委員会委員長、国土交通省国土審議会委員等を歴任。

 

【第3回】「進化する里山資本主義を考える」

2020年8月4日(火) 19:00~20:00(終了)

株式会社日本総合研究所 主席研究員
株式会社日本政策投資銀行 地域企画部 特任顧問
藻谷 浩介 氏

山口県生まれの56歳。平成合併前3,200市町村のすべて、海外114ヶ国を自費で訪問し、地域特性を多面的に把握。地域振興、人口成熟問題、観光振興などに関し、精力的に研究・著作・講演を行う。2012年より現職。著書にデフレの正体、里山資本主義 (KADOKAWA)、観光立国の正体(新潮社)、世界まちかど地政学 Next (文藝春秋) など。近著に、進化する里山資本主義(ジャパンタイムズ出版)

 

【第4回】「地方創生✕観光立国を考える」

2020年8月7日(金) 17:00~18:00

小西美術工藝社社長
デービッド・アトキンソン 氏

元ゴールドマン・サックスアナリスト。裏千家茶名「宗真」拝受。1965年イギリス生まれ。オックスフォード大学「日本学」専攻。1992年にゴールドマン・サックス入社。日本の不良債権の実態を暴くリポートを発表し注目を浴びる。2009年、創立300年余りの国宝・重要文化財の補修を手がける小西美術工藝社入社、取締役就任。2011年同会長兼社長に就任し、日本の伝統文化を守りつつ伝統文化財をめぐる行政や業界の改革への提言を続けている。

詳細・お申込みはこちら

 

【第5回】「ローカル・エクスペリエンスを考える」

2020年8月10日(月) 19:00~20:00

株式会社XPJP代表取締役 バリューデザイナー
渡邉 賢一 氏

栃木県栃木市出身。1995年 学習院大学卒。カリフォルニア大学サンディエゴ校Ext、ワシントン大学BUSIP修了。KDDI、朝日新聞社、内閣官房 地域活性化統合事務局に勤務後、2010年に地 域プロデュース専門法人(社)元気ジャパンを設立し、2015年にエクスペリエンス・デザイン法人(株)XPJPを設立。経済産業省クールジャパン事業プロデューサー(2011,12,13,14年)。 日本政府スポーツ庁、福島県庁、愛媛県庁、関西観光本部、石垣市、鶴岡市、伊勢市他の地域ブランディングに関する海外ブランディング事業の総合プロデューサーとして事業を推進。慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究所 研究員。国際的な地方創生プロジェクトをアメリカ合衆国、フランス、イギリス、イタリア、タイ、ベトナム、インドネシア、インド、中国等で展開中。

詳細・お申込みはこちら

 

【第6回】「ローカル✕インバウンドツーリズムを考える」

2020年8月14日(金) 19:00~20:00

JTIC SWISS代表
山田 桂一郎 氏

ツェルマット観光局やクラン・モンタナ観光局、ヴェルビエ観光局、ヴァレー州観光局で日本対応のマーケティング・セールスを担当。1992年JTIC SWISS(日本語インフォメーション・センター・スイス)を設立、代表に就任。自身もハイキング&スキー、エコツアーガイドとして現地を案内する傍ら、日本では観光カリスマとして各地の地域振興やDMO支援などに携わる。
 

株式会社やまとごころ 代表取締役
村山 慶輔 氏

兵庫県生まれ。神戸高校卒。米国ウィスコンシン大学マディソン校卒。 2006年までアクセンチュアに在籍。グローバルマーケティング戦略などに従事。 2007年より日本最大のインバウンドB to Bポータルサイト「やまとごころ.jp」を運営。「世界中に日本ファンを創り出す」という思いを胸に、インバウンドビジネスの専門家として国内外のメディアへ出演している。また年間100回を超える講演を通じ、インバウンドビジネスの魅力を精力的に伝えている。著書に「超・インバウンド論(JTBパブリッシング)」「インバウンドビジネス集客講座(翔泳社)」など多数。

詳細・お申込みはこちら

 

【主催/共催】

主催:株式会社美ら地球
共催:株式会社やまとごころ

 

【開催概要】

美ら地球CEO 山田 拓の対談シリーズ「サステイナブルな田舎の作り方」
開催日時

【第4回】
2020年8月7日(金) 17:00~18:00
詳細・お申込みはこちら

【第5回】
2020年8月10日(月) 19:00~20:00
詳細・お申込みはこちら

【第6回】
2020年8月14日(金) 19:00~20:00
詳細・お申込みはこちら

 
〜終了〜

【第1回】2020年7月29日(水) 19:00~20:00
【第2回】2020年8月1日(土) 17:00~18:00
【第3回】2020年8月4日(火) 19:00~20:00

会場

オンライン(ZOOMウェビナー)

※お申込み登録後、専用URLをメールにてお知らせします。

定員

500名(先着順)

参加費

無料

お問合せ

株式会社美ら地球
info@chura-boshi.com