インバウンドセミナー・イベント

コロナ禍の生き残りをかけたゲストハウスの挑戦

~宿場JAPANはなぜ新サービスを続々と立ち上げられるのか?~

 

【開催日時】

2021年7月8日(木) 16:00~17:00

 

【概要】

コロナ禍でインバウンド客はほぼゼロ。
インバウンド客を主要顧客としていたゲストハウスは、苦境に立たされています。

そのようななかでも、生き残りをかけて、アイデアや知恵を絞りながら事業を継続してきたのが、東京 北品川を拠点にゲストハウスなど宿泊事業を展開する宿場JAPANです。
困っている人を探し、世の中のニーズにアンテナを張りながらも、「人」だからこそできる価値を提供し続け、生き残りをかけて新サービスや事業を展開し続けています。

今回は、株式会社宿場JAPAN代表の渡邊氏に、コロナ禍の数々の取り組みや新サービス立ち上げの背景や経緯などを伺いながら、なぜこうした取り組みが実現できているのかを探っていきます。

 

▼宿場JAPANの取り組みはやまとごころ.jpでも取り上げています
10年で100カ国以上のインバウンド客を受け入れてきた商店街生まれの「ゲストハウス品川宿」が目指す姿

 

【登壇者】

■ゲスト

株式会社宿場JAPAN
代表取締役
渡邊 崇志 氏

外資系高級ホテルや浅草の旅館で修業した後、2009年に簡易宿所「ゲストハウス品川宿」を東京都品川区にオープン。その後、長屋を改造した小規模ホテル「Bamba Hotel」や、米穀店を改造した一軒家ホテル「Araiya」、民泊「KAGO34」を開業。2020年には水上に浮かぶホテル「PETALS TOKYO」を受託運営。ゲストハウスなどの宿泊事業を起点とした多様性を受け入れる地域づくりを全国に広げるため、人材育成や開業支援も行っている。国家戦略特区区域委員、しながわ観光協会理事、北品川本通り商店街理事、東京都立大学非常勤講師などを兼務。
宿場JAPAN:https://shukuba.jp/

 

■モデレーター

株式会社やまとごころ
やまとごころ.jp 編集長
堀内 祐香

兵庫県出身。大学卒業後、大手メーカーの海外営業を経て、2015年に入社。百貨店や商業施設のインバウンド対応支援及びインバウンド戦略立案のコンサルティング事業を経て、2017年よりやまとごころ.jp編集部へ。ポータルサイト中心だったやまとごころjpのオリジナルニュースやデータインバウンド、インバウンド事業者向けインタビューなどコンテンツの充実化を進める。現在は新しい動きをする観光事業者向け取材とインタビューを中心に手掛ける。

 

【主催】

株式会社やまとごころ

 

【開催概要】

ゲストハウスのコロナ禍の生き残りをかけた挑戦
開催日時

2021年7月8日(木) 16:00~17:00

会場

オンライン(Zoom)

参加費

無料

お申込み方法

お申込みはこちら

 
【注意事項】

ご登録いただいた個人情報は、株式会社やまとごころからのサービス・セミナー情報等のご提供などに使用いたします。ご同意の上、お申込み登録をお願いいたします。
株式会社やまとごころの個人情報の取り扱い

お問合せ

やまとごころセミナー事務局
event@yamatogokoro.jp