第31回 通訳案内士インタビュー 小嶋秀史(こじま ひでふみ)氏

ログイン・登録

Guide Interview 第31回 通訳案内士インタビュー 小嶋秀史(こじま ひでふみ)氏 英語通訳案内士

パソコンやスマートフォンの普及にともない、通訳案内士の間でもホームページやブログ、フェイスブックなどの利用が関心を引いています。
そこで今回は、自ら起業した会社でweb作成の仕事を行う一方で、ウォーキング・ツアーのホームページを立ち上げ外国人を案内している英語通訳案内士小嶋秀史氏にインタビューし、IT機器との付き合い方などについても質問しました。

 

web会社と通訳案内士を両立

Q1現在どのようなお仕事をしていらっしゃるのですか?

2000年に設立した有限会社インターキャストの仕事をしつつ、通訳案内士の仕事をしています。インターキャストを設立する前は8年ほど展示会の仕事をしていたので、インターキャストも最初は展示会サポートを主な業務としてスタートしました。その後PR系の仕事が増え、今ではwebの作成が仕事の中心になっています。
※インターキャストのホームページ:http://www.intercast.jp/

パソコンに関しては、日本文化体験交流塾で講師もしています。ワードでチラシを作ってGoogleの地図を入れる方法や、フェイスブックやブログの活用法などについて説明しています。

これらの仕事をする一方で、通訳案内士の仕事もしています。2006年にTokyo-Trotterというウォーキング・ツアーのホームページを立ち上げ、直接問い合わせや申し込みを受け付けています。このホームページでは、旅行サイトらしいデザインにするなどの工夫もしています。
※Tokyo-Trotterのホームページhttp://tokyo-trotter.net/index.html

このほか、日本とアメリカの旅行会社に登録して団体ツアーの案内もしています。

インタビュー一覧一覧へ戻る