現役通訳案内士インタビュー第3回 千代間泉氏(京都英語通訳案内士)

ログイン・登録

現役通訳案内士インタビュー第3回

Q7.海外の方が一番喜ばれる日本文化体験は何ですか?

その方のご興味によっていっぱいあると思います。

舞妓変身をご希望の方がおられて、お連れした所本当に綺麗で良い体験でらっしゃったなあ、と思いました。夕方の待合室はご主人やカレシさんがいっぱいでビックリ致しました。

又身近な所では、地下鉄やバス等を使ったwalking tourです。生の日本人と触れ合える良い機会で、人生初めて自動改札機の体験をされたり、地元に人に話しかけられたり、楽しいようです。

Q8.京都の中で千代間様がお勧めする観光スポットはどこですか?

いろいろと秘密の場所をお客様と探索中ですが、 近い所では哲学の道沿いの法然院はじめ、ひっそりとたたずむお寺や神社です。里山にはムササビの家族も住んでいるんですよ。

大原ではお弁当を棚田の脇でお客様と頂き、日本の原風景のような感じを受けました。

サムライ、忍者がお好きな方には東映太秦映画村です!スタッフの役者さんの熱意も感じます。宮本武蔵を信奉されるお客様は写真コーナーでのりのりでした。

また、神社や仏閣をたくさん訪れた後で雨に降られた時に、錦市場にご案内した所、大変好評でした。錦市場は京都でハレの機会のための食材を扱う市場で、通路には屋根もついています。お客様はとても関心を持たれ、熱心に写真を撮っておられました。

Q9.京都のインバウンドの取り組みで、他の地域よりも進んでいると思うことはございますか?

実は全くのローカルガイドなものですから、全国の取り組みについては良くわかりません。

王城であった京都の魅力を常に自ら発信していかないと!という危機感は強くあると思います。「Kyoto Travel Guide」や個々のお取り組みの魅力的なwebsiteを直接ご覧になって予約の手伝いをした事もあります。

Q10.通訳案内士の方々の間でのネットワークをどのように作り、広げていらっしゃるのですか?

私はJGAに所属しているので、関西は勿論、関東でも研修やパーティがあると可能な時は参加していろいろ教えて頂いています。そのご縁で繁忙期には関東の通訳案内士の先輩から、京都でのお仕事を頂いたこともありました。関西の通訳案内士の方々とも仕事の都合でお互いに協力したり、情報交換をしています。

インタビュー一覧一覧へ戻る