第27回通訳案内士インタビュー篠山美智子(ささやまみちこ)氏

ログイン・登録

Guide Interview 第27回通訳案内士インタビュー篠山美智子(ささやまみちこ)氏 英語通訳案内士

語学力とインターネットを駆使した集客を

Q7.東南アジアからのお客様の将来性についてどのようにお考えですか?

東南アジアの経済発展はめざましく、なかでも人口が2億3千万人を超えるインドネシアは今後ますます成長し、それに伴って観光客も増えると思います。こうした動きに対応するために、インドネシア語を通訳案内士試験に是非加えていただきたいです。

Q8.海外のお客様に日本に来ていただくためには、どうしたらよいとお考えですか?

まず、外国人の視点に立って見ることが必要だと思います。お客様にとっては、人も観光地も各施設もすべて「日本」なので、魅力を感じてもらうには、個々の都合や利益よりも、まず日本全体が一丸となって外国人を歓迎しようという「チーム・ジャパン」の意識を共有することが大切だと思います。

次に、外国人にとって滞在しやすい環境を整備し、受け入れ側である日本にいる人々に、外国人観光客受け入れに対する理解を促す教育をすることが必要です。例えば、外国人向けのサイトやWi-Fiの充実が不可欠です。お客様は日本に来る前にも、滞在中にもインターネットで情報を得ています。

また、お客様から宗教やアレルギーによる食事制限のリクエストを受けることがありますが、日本ではまだ十分に理解、対応されていません。海外の国際空港にはあるイスラム教徒のための「お祈りのスペース」も、日本にはありません。

外国人の視点を意識した総合的なインフラ整備と日本の誇る「おもてなし」により、日本のファンやリピーターが増え、結果的に個々の利益に還元されていくと思います。

Q9インターネットを使った情報発信をしていらっしゃるそうですね。

3年前にフェイスブックを始めて、次いでブログ、ツイッターも始めました。いずれも日本文化や観光地の紹介を目的に書いています。続けるのは大変ですが、読者のコメントが励みになります。

今年、通訳案内士4年目を機にホームページも開設し、情報発信するとともにお客様からの問い合わせを受け付けています。今のところインドネシアやマレーシアからの問い合わせが多数を占めています。

通訳案内士の強みは「外国語ができること」で、ネットは世界に直接発信できる絶好のツールです。活用の仕方次第で、通訳案内士の大きな味方にできると思います。

HP:
http://japan-tokyo-tourguide.com/
ブログ:DISCOVER TOKYO & JAPAN 日本・東京発見の旅
http://ameblo.jp/discovertj/
Facebook ファンページ:
https://www.facebook.com/pages/japan-tokyo-tourguidecom/240270792731482
Twitter:
https://twitter.com/#!/yurikamome2009

取材後記
通訳案内士の仕事を続けながら各種の資格を取り、インターネット上の新しいツールも積極的取り入れてゆく姿勢に、成長著しい東南アジアを彷彿とさせるバイタリティを感じました。ネットを通した集客のご成功を期待しています。

インタビュー一覧一覧へ戻る