データインバウンド

【訪日外国人数】2018年3月は260万8000人 プロモーション効果でスペインは83.9%増に

印刷用ページを表示する



2018.04.20

日本政府観光局(JNTO)が発表した2018年3月の訪日外国人数は、前年同月比 18.2%増の260万8000人となった。2017年3月の220万6000人を40万人以上上回り、3月として過去最高を記録した。

訪日外国人_グラフ_180420

航空路線の新規就航や増便、桜が美しい春の魅力をもあって訪日客数は順調に推移した。特に昨年は4月中旬からだったイースター休暇が今年は3月末からとなったことで、欧米豪の市場を中心に、訪日需要の押し上げに繋がった。

市場別に見ると、上記の理由により、特にアメリカ(151,000人)、カナダ(34,900
人)、ドイツ(24,900人)では単月として過去最高を記録している。また、インドネシアを除く19市場で3月として過去最高を記録した。訪日客数のランクでは、韓国が中国を抜いて1位に返り咲き。昨年に引き続き韓国市場の訪日意欲の高さを感じさせる。

伸び率では、スペインが前年同月比83.9%という高い伸びを示した。これはイースター休暇に加え、航空会社との共同広告や旅行博への出展など継続的な取り組みで訪日意欲が喚起されたため。前年同月比60.9%増のフィリピンもイースター休暇の需要の高まりに加え、マニラ発の訪日クルーズの運航やジェットスター・アジア航空のクラーク-関西線の新規就航が訪日者数の増加に貢献した。

訪日外国人_表_180420

(やまとごころ編集部)

最新のデータインバウンド