データインバウンド

2018年9月訪日客数、相次ぐ災害を受けて5年8カ月ぶりの下振れも、欧米豪は堅調に増加

印刷用ページを表示する



2018.10.18

日本政府観光局(JNTO)が発表した2018年9月の訪日外国人数は、前年同月比5.3%減の215万9600人となった。これは2017年9月の228万人を約12万人下回る。前年比でマイナスに転じたのは2013年1月以来、5年8カ月ぶりだった。

なお、2018年1~9月の累計は、23468500人となった。

月訪日外国人数_国別総数_グラフ_181017

訪日客数の減少は、台風21号と北海道胆振東部地震で、関西空港と新千歳空港が閉鎖され、航空便の欠航と旅行のキャンセルが出たことが影響した。

これまで訪日者数の伸びを牽引してきた東アジア市場は大阪、北海道への訪日客が多く、その影響が大きかった。韓国、中国、台湾、香港の4市場すべてで前年同月比がマイナスとなり、特に韓国は3カ月連続で前年同月を下回った。ただし、昨年は10月だった韓国の中秋(チュソク)の休暇が今年は9月下旬となり、9月末には韓国人観光客の訪日数に回復傾向が見えた。

月訪日外国人数_国別総数_表_181017

訪日国別総数では中国が65.3万人で最多、以下、韓国、台湾、香港、アメリカとトップ5に変動はなかった。

市場別に見ると、東南アジア市場と英国を除く欧米豪の15市場(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピ ン、ベトナム、インド、オーストラリア、アメリカ、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、ロシ ア、スペイン)で9月として過去最高を記録。いずれも上記2つの空港への航空便の欠航はあったが、訪日数は増加傾向を維持した。

市場別のシェアでは、東アジアが前年同月比3.2ポイント減の73.5%、東南アジア+インドは前年同月比1.2ポイント増の9.1%、欧米豪は前年同月比1.5ポイント増の12.7%だった。

伸び率では、前月に続き20%台を示したイタリアが最高で、以下、ロシア、インド、ベトナム、スペインと続いた。

(やまとごころ編集部)

最新のデータインバウンド