データインバウンド

2019年6月訪日客数6.5%増の288万人、中国88万人で単月過去最高を記録。東南アジアは明暗分かれる

印刷用ページを表示する



2019.07.19

日本政府観光局(JNTO)が発表した2019年6月の訪日外国人数は、前年同月比6.5%増の288万人となった。2018年6月を17万人以上増え、6月として過去最高を記録した。これで1~6月の累計は前年同期比4.6%増の1663万3600人となった。

201906-訪日外国人数-訪日外国人数

東南アジア3市場は前年同月下回る

市場別に見ると、全体の75.1%のシェアを占める東アジア4市場では、先月は前年同月を下回った韓国、台湾、香港の3市場全てわずかながらも増加に転じ、中国は引き続き2桁台の好調な伸びを示した。中国は単月として過去最高の88万700人で、訪日者数全体の押し上げに貢献した。一方で、東南アジアの3市場が前年同月を下回ったのが目に付いた。そのうちマレーシアは16.4%減の3万500人、タイは14.5%減の6万3000人、インドネシアは12.2%減の4万9300人で、いずれも祝日や学校休暇の移動があったことなどが影響した。

市場別総数では中国が最多で、以下、韓国、台湾、香港、アメリカと続く。

なお、前述のように単月で過去最高を記録した中国のほか、16市場(韓国、台湾、香港、シンガポール、フィリピン、ベトナム、インド、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で6月として過去最高を記録している。

201906-訪日外国人数、国別総数-訪日外国人数、前年同月比伸び率

欧米豪は堅調な伸び

6月の伸び率トップはフィリピンの25.3%で、以下ロシア、インド、ベトナムも20%台の伸び率だった。フィリピン、ロシア、ベトナムは新規就航や増便など、インドはインセンティブツアーの増加などもあり、好調な伸びを記録した。また、欧米豪市場では5月に続いて全市場で前年同月を上回った。

編集部おすすめ関連記事:

20195月訪日客数3.7%増の2773000人、東アジア3市場は前年同月比マイナス 中国は2桁増

2018年のインバウンド宿泊者数9428万人泊で過去最高、伸び率トップは岐阜。地方部の割合は4割強にとどまる

最新のデータインバウンド