データインバウンド

【訪日外国人数】2020年5月訪日客数、統計史上最少99.9%減の1700人。1-5月累計は71.3%減の394万人

印刷用ページを表示する



2020.06.18

日本政府観光局(JNTO)が6月17日に発表した2020年5月の訪日外国人数は、前年同月比99.9%減の1700人だった。4月と同様、前年同月のわずか0.1%に過ぎず、これで8カ月連続で前年同月を下回ることになった。単月の訪日外国人数としては、JNTOが統計を取り始めた1964年以降、過去最少だった。

また、1月から5月の合計は394万4400人(前年同期比71.3%減)となった。

なお、JNTOが規定する訪日外国人とは、国籍に基づく法務省集計による外国人正規入国者から、日本を主たる居住国とする永住者等の外国人を除き、これに外国人一時上陸客等を加えた入国外国人旅行者を指す。駐在員やその家族、留学生等の入国者・再入国者は訪日外国人数に含まれるが、乗員上陸数は含まれない。

17市場で10人未満

5月の訪日客は22市場のうち、アメリカが50人、中国とインドが各30人、韓国とフランスが各20人で、それ以外は10人未満だった。現時点でも各市場で直行便の運休や減便が続いており、観光庁の田端長官は「まだ見通しは立てられない」と話した。

JNTOは「新型コロナウイルス感染症の拡大により、世界的に旅⾏需要が停滞している状況にあり、感染症の推移とともに今後の市場動向を注視していく必要がある」としている。

日本は現在まで111カ国からの入国を拒否しているが、世界は徐々に国境を開き始めている。ギリシャは15日から、スペインは7月から日本からの観光客の受け入れを再開するとしており、台湾は22日から日本を含めた新型コロナウイルス感染の低〜中リスク国のビジネス客へ門戸を開く。

また、日本政府は規制緩和の第一弾として、6月下旬からベトナムとの往来を再開させるとして、ビジネス関係者から相互に入国を認める方向で調整している。低リスク国からのビジネス往来がゆっくりとだが再開されそうだ。

最新のデータインバウンド