データインバウンド

【外国人宿泊者数】2017年9月は前年同月比13.4%増の573万人泊

印刷用ページを表示する



2017.12.04

観光庁が発表した2017年9月の宿泊旅行統計調査結果によると、全体の延べ宿泊者数は4093万人泊で、前年同月比0.1%増だった。日本人延べ宿泊者数は前年同月比1.8減となったが、外国人延べ宿泊者数は、前年同月比13.4%増の573万人泊で、9月としては調査開始以来の最高値を記録。調査を開始した10年前と比べると、約3倍となっている。

 外国人延べ宿泊者数_グラフ171201

 

三大都市圏と地方部の前年同月比の伸びでは、引き続き地方部の伸びが上回っており、1位は福島県だった。福島県では今年上期(1月〜6月)の宿泊者数が延べ4万6850人となり、東日本大震災以降で初めて2010年上期を超えた。積極的な外国人受け入れ施策が実を結んだと言えそうで、下期の伸びも期待される。

都道府県_表171201

 

国籍(出身地)別では、1位が中国、続いて、韓国、台湾、香港、アメリカで、上位5カ国・地域で全体の71.2%を占める。伸び率で見ると、ロシアとインドネシアが大きな伸びを見せ、訪日上位国がそれに続く。ロシアはビザ要件緩和の効果が続き、インドネシアは以前なら旅行のローシーズンだった9月だが、「体験型」のツアー人気で昨年来訪日客が増加している。

国籍別外国人_表171201

 

最新のデータインバウンド

バックナンバー

2018年

2017年