インバウンドニュース

★2017年11月訪日数237万8千人。先月に続き8市場で昨年の年計突破

12月20日、日本政府観光局(JNTO)が2017年11月の訪日外国人旅行者数を発表した。紅葉シーズンの到来と、各市場で繰り広げられる継続的な訪日プロモーションの効果が相まり、前年同月比26.8%増の237万8千人を記録し、2016年11月の187万5千人を50万人以上上回った。これで、2017年1月~11月の累計は2616万9千人となり、2016年通算の2404万人を突破した。

また、中国、台湾、フィリピン、インド、米国、カナダ、ドイツ、スペインの8市場が、11月に昨年の訪日数年計を更新し、過去最高を記録した。9月時点で韓国、10月時点で香港、インドネシア、ベトナムの3市場で昨年の年計を越えたので、合計12市場で、昨年の年計を突破したことになる。

市場別では、インドを除く19市場が、11月の単月として過去最高を記録。特に、今年1月に査証要件が緩和されたロシアは前年同月比56.5%増、LCCの新規就航や増便が相次ぐ韓国でも45.8%増と非常に高い伸びを見せた。このほか、継続的な訪日旅行キャンペーンが功を奏し、ベトナムでは37.4%増、フィリピンで35.5%増と高い伸びを見せた。

◆2017年10月の訪日客数はこちら

(やまとごころ編集部)

 

関連インバウンドニュース