インバウンドNews

★10月外国人宿泊者数735万人泊、前年同月比23.5%増の好調ぶり

観光庁は12月27日、宿泊旅行統計調査結果を発表した。10月の延べ宿泊者数は、4307万人泊で、前年同月比0.1%減だった。一方で、外国人延べ宿泊者数は、735万人泊で前年同月比23.5%増だった。10月としては調査開始以来の最高値を記録、700万人超えしたのは、4月の786万人泊、7月の742万人泊に続き、今年3度目となった。

都道府県別伸び率では、熊本県が対前年同月比127.5%増で1位だったほか、2位は77.3%増の鳥取県、3位は76.6%増の高知県、4位に73.1%増の徳島県と中四国エリアが多数ランクイン。なお、5位にランクインしたのは福井県で58.6%増だった。

全体的に外国人の宿泊数が好調だった10月は、47ある都道府県の内、41の地域で対前年比増を記録した。

(やまとごころ編集部)

◆2017年9月の宿泊統計はこちら

 

関連インバウンドNews

バックナンバー

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年