インバウンドニュース

★2017年訪日客、市場別トップは中国が735万人

1月16日、日本政府観光局(JNTO)が2017年12月の訪日外国人旅行者数を発表した。2017年の訪日客数は2016年の2404万人から19.3%増の2869万1千人となり、1964年から統計を取り始めて以来、過去最高の記録となった。また、韓国、シンガポール、マレーシア、インドネシアの4市場が、12月に前年の訪日数年計を更新し、これで主要20市場すべてにおいて、訪日数が過去最高となった。

なお、12月単月では、前年同月比23.0%増の252万1千人となり、前年の205万1千人を47万人以上上回った。

2017年の訪日客数を市場別でみると、735万5800人を記録した中国が1位となり、その後、韓国(714万200人)、台湾(456万4100人)、香港(223万1500人)、米国(137万5000人)、タイ(98万7100人)と続き、2016年の順位と同じだった。市場別の伸び率では、昨年1月に査証要件が緩和されたロシアが対前年比40.8%増、訪日数2位の韓国も40.3%と高い伸びを見せた。このほか、ベトナム32.1%増、インドネシア30.0%増、フィリピン21.9%増と、東南アジアからの訪日客数が特に伸びている。

◆2017年11月の訪日客数はこちら

(やまとごころ編集部)

 

関連インバウンドニュース