インバウンドニュース

★2017年百貨店売上高3年ぶりプラス 免税品売上高2704億円で過去最高

日本百貨店協会は23日、2017年の全国百貨店売上高を発表した。既存店ベースで前年に比べ0.1%増え5兆9532億円、訪日外国人客の需要増などがけん引し、3年ぶりにプラスとなった。

対象となる全国93店舗の外国人観光客の売上に関して、免税総売上高は対前年比146.3%の2704億円だった。内訳は、一般物品が1600億8000万円、消耗品が1103億円だった。

また同時に発表された12月の外国人観光客売上・来店動向の速報によると、免税購買客数は44%増の40.3万人、一人あたりの購買単価は約69,000円であった。また、12月に外国人観光客に人気があった商品は、1位:化粧品、2位:婦人服飾雑貨、3位:ハイエンドブランド、4位:食品、5位:婦人服の順番となっている。
また、免税手続きカウンターの来店国別は、1位:中国、2位:香港、3位:韓国、4位:台湾、5位:シンガポール、6位:タイ、7位:マレーシアの順番だった。

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース