インバウンドニュース

★さっぽろ雪まつりでアリペイ・ウィーチャットペイ導入へ

2月5日~11日に開催される第69回さっぽろ雪まつりの大通り会場で、「アリペイ」と「ウィーチャットペイ」が使えるようになることを、関係各社が発表した。

アリペイ・ウィーチャットペイは、中国を中心に普及するスマホ決済サービスで、QRコードやバーコード読みこむだけで、あらかじめ登録しておいた銀行口座から支払いが完了するため、現金がなくても、スマホさえあれば気軽に決済できる。中国では、スマホ決済が一般的になっており、レストランや小売店だけでなく、屋台やタクシーなどでも使うことができる。

スマホ決済が可能になるのは、さっぽろ雪まつりのメイン会場である大通公園に出店される一部の店舗だ。また、アリペイの導入はニッセンレンエスコートが、ウィーチャットペイはサツドラホールディングスグループのリージョナルマーケティングが、それぞれ札幌観光協会と協力して行う。

スマホ決済を導入することで、中国人訪日客にとって買物しやすい環境を整備することで購買意欲を拡大するのはもちろんのこと、購買データの分析を行うことにより、人気店舗やオーダー情報詳細を把握し、次回以降の出店計画やメニュー開発にもつなげることが可能となる。

(やまとごころ編集部)

 

関連インバウンドニュース