インバウンドニュース

★中国人旅行客、春節で過去最多の650万人海外へ 関西でも春節商戦が過熱

中国国務院(中央政府)の発表によると、中国における今年の春節(旧正月)は2月15日から21日までの7日間となる。
中国最大のオンライン旅行大手「Ctrip」などは、この大型連休前後に海外へ旅行する中国人は、前年同期比6%増となる過去最多の延べ650万人と予測。また、Ctripが発表した「中国人旅行客の渡航先人気ランキング」では、タイが1位、日本が2位にランクインし、上位は前年と同様の結果となった。次いでシンガポール、ベトナム、インドネシア、米国と続く。同社は「冬の寒さから逃れたい人はタイを選び、雪景色を楽しみたい人は日本を選択する」と分析している。

関西の百貨店では、春節商戦に向けてさまざまな取り組みが進められている。
高島屋大阪店は、中国で急速に普及するスマホ決済を導入する売り場を拡大した。また、阪急うめだ本店やあべのハルカス近鉄本店などは、中国で人気の動画中継サイトを活用。情報発信力のあるインフルエンサーを中国から招き、動画を通じて売り場や商品を紹介してもらうことで消費を促す。スイスホテル南海大阪やホテルニューオータニ大阪でも、中華料理店で春節用のイベントや料理を用意するなど、中華圏からの訪日客取り込みを狙う。

(やまとごころ編集部)

 

関連インバウンドニュース