インバウンドニュース

★訪日中国人の旅行実態が明らかに、「買い物」の関西「自然」の四国

中国最大のインターネット検索サービス「百度(バイドゥ)」は、直近1年以内に旅行で日本に来た中国人2,810人に対してアンケートを行い「訪日中国人観光客の旅行実態」として発表した。データからは日本旅行の目的や情報収集の方法がわかる。

「訪日旅行」の目的については、全体では「観光名所に行く」が76%で最多だった。「日本の料理・食事を味わう」39%、「買い物」38%が続いた。訪れた地域別では、関西地方は「買い物」が42%で他地域よりも比べ明らかに高い。中国国内における居住地別では、広州在住者は「食事」目的が49%と、北京・上海在住者との違いが明らかだった。

中国人観光客、日本旅行の目的

「旅行の手配方法」については、個別手配が39%で最も多く、次いで団体・ツアー旅行が32%、パッケージ旅行が28%だった。団体ツアーから個別旅行に変化している様子がうかがえる。予約方法では、「携程(Ctrip)」(56%)が最多で、2位の「去哪儿网(Qunar.Com)」(25%)とは30ポイント以上差が開いている。なお、携程と去哪儿网では目的地別の割合が違っており、九州地方への旅行者は6割が携程経由で予約をしていた。

中国人観光客、日本旅行を予約した方法内訳

 

「訪日前の情報収集方法」は、全体では観光情報・買い物情報ともに「携程(Ctrip)」、「百度旅游」、「検索エンジン」の順に多かった。年代別では、上の年代ほど「去哪儿网(Qunar.Com)」の比率が増し、若い年代では「Weibo」のポイントが高くなる傾向があった。

日本旅行の情報を収集した方法

回答者の属性

2017年の訪日中国人客数は7,355,800人(前年比115.4%増)で、毎年増加している。今後の変化にも注目したい。

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース