インバウンドニュース

★外国人宿泊数、2017年は過去最多の7800万人泊。地方部での宿泊が4割超え

観光庁は28日、宿泊旅行統計調査を発表。それによると2017年に日本のホテルや旅館に宿泊した外国人延べ宿泊数が前年比12.4%増の7800万人泊となり、過去最多となった。地方部のシェアが調査開始以来はじめて4割を上回り、伸び率は前年比15.8%増で三大都市圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫の8都府県)の10.2%増を上回った。
都道府県別の宿泊者数は、東京がトップで1903万人、2位の大阪が1171万人、3位は北海道で743万人、4位京都559万人、5位沖縄の460万人と続く。伸び率は青森が60.3%で最も高く、大分の59.3%、佐賀の51.9%の順となっている。

国・地域別の宿泊シェアは、中国が24%、台湾が16%、韓国が15%、香港が9%、米国が7%と続いた。前年比伸び率を国籍別で見ると、大幅に拡大したのは韓国が41.2%増、ロシア35.2%増、インドネシア25.7%増であった。

詳細:
観光庁宿泊統計

(やまとごころ編集部)

◆2017年11月の宿泊統計はこちら

関連インバウンドニュース