インバウンドニュース

★中国人観光客に人気! 訪日花見ツアー予約が前年比6割増

中国の澎湃新聞は1日、日本の花見ツアーへの予約が前年比6割増となっていることを伝えた。
同紙が報じた、オンライン旅行会社(OTA)「驢媽媽旅遊網」の予約動向によると、訪日中国人旅行者に人気の高い目的地は東京、京都、大阪、福岡、名古屋で、主に6日間のツアーに人気が集まっているという。航空運賃の値上がりでツアー料金は前年の6%ほど高くなっているが、一部のツアーではすでに予約が埋まるほどの人気ぶりだ。
「驢媽媽旅遊網」の海外旅行担当者は、今年の日本への花見ツアーは3月20日から5月初旬までピークが続くと予想している。

一方、日本でも花見シーズン到来を前に、訪日客誘致に向けた動きが始まっている。
三重県名張市と奈良県宇陀市、曽爾村、御杖村、山添村、東吉野村で作る観光振興団体「東奈良名張ツーリズム・マーケティング」(ENN)は、花見を通じたインバウンド誘致に取り組む。
現在公開中の中国・香港合作映画「マンハント」に登場する奈良県山添村のキャンプ場の桜をメインに、6市村の桜の名所を巡るコースを設定。ジョン・ウー監督によるこの映画は前編日本ロケで製作されており、監督の知名度の高さから中国や香港からの観光客に強くアピールできると期待している。ENNは、外国人向けの日本情報サイト「ジャパンガイド」での告知や、関西国際空港や主要駅でのチラシ配布、広告掲示を通じて観光キャンペーンを広くPRしていく。

(やまとごころ編集部)

 

関連インバウンドニュース