インバウンドニュース

★「リピーターほど旅行支出が高くなる」 観光庁が2017年の訪日リピーターの消費動向を発表

観光庁は20日、2017年の訪日外国人消費動向調査からわかるリピーターの消費動向について発表した。訪日外国人旅行者の61.4%が訪日回数2回目以上のリピーターとなっているが、訪日回数が増加するとともに、1人当たりの旅行支出が高くなる傾向にあることがわかった。

スクリーンショット 2018-03-22 08.58.42
観光庁:報道資料より

図表1の通り、訪日旅行者数に占めるリピーターの割合は、60%前後でほぼ横ばいで推移しているが、旅行者数の増加に伴い、リピーター数は年々大きく増加しており、2017年は1,761万人がリピーターと推計される。

訪日リピーター全体に占める国籍別構成比は、韓国(30%)、台湾( 25%)、中国(18%)、香港(13%)の順に多く、東アジア近隣4ヶ国・地域で86%を占めている。さらに、台湾、香港では日本を10回以上訪れているリピーターの数が2割程度となっている。

スクリーンショット 2018-03-22 08.59.41
観光庁:報道資料より

観光庁は、リピーター率の高い韓国、台湾、中国、香港の4市場のリピーターの分析を実施。その結果、訪日回数の増加とともに1人当たり旅行支出が高くなる傾向があり、特に「10回以上」の客層では 1回目に比べ2〜4割程度高くなっているという。

訪日回数が増加するにつれて、地方への訪問率や、ひとり旅の割合も高くなっており、個別手配旅行の割合も増加している。香港からのリピーター客は、夫婦やパートナーの割合が増えている。

また、韓国、台湾、香港では、訪日回数が多い人ほど、 「日本の酒を飲む」「温泉入浴」の実施率が高くなっている。

「次回の訪日でやりたいこと」については、国籍や地域、訪日回数にかかわらず実施率よりも希望率が高かったのが 「スキー・スノーボード」「スポーツ観戦」であることもわかった。

(やまとごころ編集部)

詳細:
観光庁観光統計

 

 

関連インバウンドニュース