インバウンドニュース

★観光庁がMICE誘致強化のための支援事業、参加都市の募集開始 専門家による強化トレーニングを実施

3月27日、観光庁は国際会議などのMICE誘致強化の一環として各都市のコンベンションビューローの機能高度化支援事業を開始した。2013年に閣議決定された『2030 年にはアジア No.1 の国際会議開催国としての不動の地位を築く』という目標を達成するための施策となる。

これまで観光庁では、2013年から2016年にわたって「グローバルMICE都市支援事業」により、東京都、横浜市、京都市、神戸市、福岡市、名古屋市愛知県、大阪府大阪市、札幌市、仙台市、千葉県千葉市、広島市、北九州市の計12都市のグローバルMICE都市を対象に、専門家を派遣、コンサルティングを実施するなどして都市の国際競争力の向上を図ってきた。

「ローカルホストサポーティングスキル強化事業」
今回は、MICE誘致強化のため2つの事業を実施することを発表。1つはグローバルMICE都市の12都市を対象とした「ローカルホストサポーティングスキル強化事業」。MICE 誘致の司令塔であるコンベンションビューロー等の更なる機能高度化を目的として、海外有識者の視点・ノウハウを活用し、海外のコンベンションビューローやローカルホスト等に対する的確なサポーティング力の強化支援や国際会議運営のノウハウの強化など、専門家による高度なトレーニングを実施していく。

「マーケティング機能高度化支援事業」
2つめの事業は、グローバルMICE都市以外の都市を対象とした「マーケティング機能高度化支援事業」。MICE誘致・開催に対してモチベーションの高い都市を支援し、海外有識者によるトレーニング、及びコンサルティングを通じた支援を展開していく。

募集期間は、いずれの事業も2018年5月7日17時まで。

▼詳細はこちら
コンベンションビューローの機能高度化のための支援事業に参加する都市の募集開始~都市のMICE誘致に係る“都市力”の強化を支援します!~

関連インバウンドニュース