インバウンドニュース

★東急ホテルズ、「訪日外国人向け海外旅行保険」つき宿泊プランを販売開始。安心を提供

東急ホテルズは、訪日外国人宿泊客に特化した宿泊プランを3月28日から販売開始した。このプランは「訪日外国人向け海外旅行保険」と宿泊がセットになっている点が特徴で、その他にチェックアウトの延長サービス等も含まれている。

訪日外国人向け海外旅行保険の内容だが、1,000万円までの治療費や本国等への移送費用等の補償、医療機関の紹介や医療通訳サービス、治療費のキャッシュレスサービスを受けられる。
(下図参照)

訪日外国人向け旅行保険で保障される内容

訪日外国人観光客向けの旅行保険の仕組み

今回の宿泊プランは、外国人観光客が特に多く訪れる東京~名古屋~京都~大阪間の東急ホテルズ各ホテル (6ホテル) で取り扱われる。東京海上日動火災保険株式会社・東急保険コンサルティング株式会社と共に販売が行われる予定だ。

東急ホテルズは2017年に外国人の宿泊客数が見込み数値で前年比10%以上増と大幅に増加した。また、今回の宿泊プランを販売する6ホテルの外国人比率は平均で40%を超えている。

そのため、外国人宿泊客の事故や不慮のケガ・病気等も増えている。特に、医療分野における受入対応や治療費に関するトラブル対策が課題となっていた。今回の訪日外国人向け海外旅行保険つき宿泊プランは、外国人観光客に安心を提供する一方、医療機関にとってもトラブルが未然に防げる点でメリットが期待できる。

(やまとごころ編集部)

図表は報道資料より

関連インバウンドニュース