インバウンドニュース

★2018年1月外国人宿泊者数は627万人泊、1月の最高値を記録

観光庁は3月30日、2018年1月の宿泊旅行統計調査の結果を発表した。1月の述べ宿泊者数(全体)は3,573万人泊で、対前年同月比が1.0%減となった反面、外国人の述べ宿泊数は627万人泊で1.1%増と伸びを見せた。これは調査開始以来の1月における最高値であり、調査を開始した2007年と比較すると約4倍の宿泊数である。

1月の外国人述べ宿泊数を国籍別で見ると、上位から中国、韓国、台湾、香港、アメリカの順になった。この上位5カ国・地域で全体の72.7%を占めている。伸び率で目立ったのは前年同月比で韓国の25.1%増、インドネシアの23.7%増と大幅に拡大した。

なお、三大都市圏と地方部で外国人述べ宿泊者数の1月の対前年同月比を比較すると、三大都市圏で2.4%減、地方部で5.4%増と、地方部での増加が著しい。

▼詳しくはこちら
【観光庁】宿泊統計

(やまとごころ編集部)

◆2017年の宿泊統計はこちら

関連インバウンドニュース