インバウンドニュース

インバウンド注目ニュースTOP5(2018/4/7~4/13)

1位

外国人観光客への多言語対応、居酒屋タブレットから観光情報ガイドまで幅広く

訪日客の増加により、近年あらゆるシーンで求められる多言語サービス。需要が急速に拡大する中、各地で訪日客の観光に役立つ多言語ツールの導入やシステム開発が進められている。
新潟市では、タブレット端末を使用して多言語で接客するシステム「居酒屋タブレット…

詳細はこちら

 

2位

インバウンド市場を席巻する酒蔵ツーリズムの動きが加速

インバウンド市場における日本酒への需要が高まりつつある中、政府は昨年10月に訪日客向けの酒税免税制度をスタートさせたほか、地方における酒蔵ツーリズムの振興にも力を入れている。それに伴い、日本酒にまつわる取り組みが…

詳細はこちら

 

3位

農泊の実態調査結果発表 インバウンドは増加傾向で7割が外国人受け入れ

三菱UGJリサーチ&コンサルティング株式会社は3月22日、農泊に取り組む全国の団体・組織を対象とした実態調査の結果を発表した。
昨年12月に行われた同調査では…

詳細はこちら

 

4位

箱根DMOが発足、コンセプトは「観光地そのものを経営する」

一般財団法人箱根町観光協会は4月1日、箱根の観光経営を担う「箱根DMO」を設立。これに伴い、協会の名称も「箱根DMO(一般財団法人箱根町観光協会)」に変更した。
箱根町は…

詳細はこちら

 

5位

京都市 2017年の免税売上が前年比1.54倍で過去最高 ー訪日客増加が追い風

京都市産業観光局は3日、2017年の年間及び2018年の春節期間中における同市の免税売上状況調査結果を発表した。それによると、2017年の年間免税売上総額は約161億円(117店)で過去最高となり…

詳細はこちら

 

関連インバウンドニュース