インバウンドニュース

★湯河原町・ぐるなびがパートナーシップ協定を締結、情報発信強化で地域活性化

4月16日、神奈川県湯河原町は、株式会社ぐるなびと「湯河原町・株式会社ぐるなびパートナーシップ協定」を締結した。湯河原町が持つ豊かな観光資源と、ぐるなびの情報発信体制の相乗効果により、観光客増加を狙う。主な内容は次のとおり。

1.湯河原町の滞在者が、滞在期間中に利用するコンテンツの拡充

2.湯河原町の食に関する情報や観光情報などの発信
 飲食店情報サイト「ぐるなび」を活用し、湯河原町のグルメ情報を特設ページなどの形で発信する。

3.外国人旅行者の拡大につながる共同事業の企画・運営
「ぐるなび外国語版」「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO」など外国人観光客向けの媒体を通じて情報発信するほか、町内飲食店の外国人の受け入れ環境整備を支援する。

ぐるなびは「世界に誇れる日本の食文化を守り育てる。」という企業使命のもと、自治体との連携協定を進めており、湯河原町は16例目にあたる。

湯河原町は首都圏近郊の温泉地として多くの観光客が訪れているが、近年は、観光客の減少が課題になっている。そのため「湯河原町新総合計画 (ゆがわら2011プラン)」の中で、基幹産業である観光業の振興を重視し、「湯河原町観光立町推進計画」など具体的な計画を立てて実行している。

湯河原町の観光入込客数は2015年度は310万人、2016年度は342万人だった。外国人観光客へのアピールを強化し、2020年度は400万人を目指している。

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース