インバウンドニュース

★ベルトラ「日本のお酒をめぐる旅」特設サイト通じ、日本酒の魅力を訪日客に発信

世界各地の現地オプショナルツアーに特化した予約サイト「ベルトラ」を運営するベルトラ株式会社は、訪日外国人観光客向けの英語サイトにて「日本のお酒をめぐる旅」の特設サイトを公開した。

日本を拠点とするベルトラだからこそできる「本物の日本の姿」を読者に伝えることにフォーカスし、ウェブサイトには、東京、京都、大阪、福岡、富士山近郊といった、外国人に人気のエリアだけでなく、長野、仙台といった地方にもフォーカスして、日本酒を味わえるツアーを紹介している。なお、特設サイトには、ベルトラでしか予約できないオリジナルツアーも掲載。オリジナルツアーには、小京都とも呼ばれ、歴史的建造物が見れることで外国人からも人気が高い川越での街歩きと酒造での試飲体験をセットにしたツアーや、ホテルの高層階での夜景を見ながら日本産のお酒と料理を楽しむことが出来るツアーなどがある。

このほか、特設サイトでは、日本の酒や料理を味わえるツアーに加え、日本酒の特徴や楽しみ方なども紹介している。

近年は、酒蔵見学に訪れる訪日外国人観光客が増えるなど、インバウンド市場で日本酒が注目を集めている。この日本酒ブームを受けて、政府は昨年10月に訪日客向けの酒税免税制度をスタートさせるなど、官民両方での取り組みが加速している。

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース