インバウンドNews

★2017年クルーズ船寄港は過去最多の2700回超、訪日クルーズ旅客数も253万人に

国土交通省は6月12日、2017年にクルーズ船の寄港回数などについて発表。訪日クルーズ旅客数は、過去最多となる約252万9000人となった。

2017 年の日本の港湾へ寄港したクルーズ船の回数は、前年比37.0%増の2,764回。うち日本の船会社のクルーズ船の発着が751回であるのに対し、海外の船会社のクルーズ船は2,013回と全体の7割以上を占めた。日本を発着するクルーズが増えたことが影響している。

図:日本の港湾へのクルーズ船の寄港回数の推移 (国土交通省報道資料より)

スクリーンショット 2018-06-13 12.34.47

港湾別では、博多港 326 回 (前年 328 回)で3年連続1位。以下長崎港 267 回、那覇港 224 回、横浜178回、石垣港132回と続く。

過去最多を更新した訪日クルーズ旅客数は、約 252万9000人(前年比27.0%増)となり、過去最多だった2016 年の約199万2000人を大きく更新した。
2013年には17万4000人であったクルーズ旅客数は、この5年で飛躍的に増加している。

図:クルーズ船による外国人入国者数 (国土交通省報道資料より)
スクリーンショット 2018-06-13 12.34.25

今後も政府は、「訪日クルーズ旅客数を2020 年に500 万人」実現に向け、総額7億円をかけ20の港での支援事業を行っていく。

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドNews

バックナンバー

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年