インバウンドニュース

★2018年4月外国人宿泊者数、5.5%増の830万人泊 地方部で増加続く

観光庁は6月29日、 2018年4月の宿泊旅行統計調査の結果を発表した。全体の延べ宿泊者数は4,010万人泊で、前年同月比1.1%増となった。
内訳を見ると、日本人延べ宿泊者数は前年と変わらなかったが、外国人延べ宿泊者数は5.5%増の830万人泊となり、4月としては調査開始以来の最高値を記録。また、延べ宿泊者数全体に占める外国人の割合は20.7%だった。三大都市圏と地方部で外国人延べ宿泊者数を比較すると、三大都市圏が0.4%増、地方部が14.2%増となり、引き続き地方部で訪日客が増加していることが明らかになった。

4月の外国人延べ宿泊者数を都道府県別で見ると、上位から東京都211万人、大阪府122万人、京都府57万人、沖縄県42万人、北海道41万人となった。

詳細:【観光庁】宿泊統計

(やまとごころ編集部)

◆2018年3月宿泊統計はこちら

関連インバウンドニュース