インバウンドニュース

★インバウンド客向け東京土産「おつまみ海苔」を販売開始 パッケージは浮世絵デザインに

海苔の販売で知られる山本海苔株式会社が、ロングセラー商品であるおつまみ海苔の限定デザイン缶「東京プレミアム おつまみ海苔」を、7月1日(日)より発売する。厳選具材を2枚の上質海苔でサンドしたおつまみ海苔は「わさびごまの味」と「明太子の味」の2種類。

近年のインバウンドの活発化、訪日外国人観光客の増加により需要が見込まれる東京土産として開発した。限定デザイン缶は、国内外で人気の浮世絵「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(葛飾北斎画、わさびごま味) と「婦女人相十品 ビードロを吹く娘」(喜多川歌麿画、明太子味)の2種類。 メタリックな金と赤をベースに有名な日本画をあしらった東京土産にふさわしい豪華な和風デザインで、中身を消費した後も容器として使える。
価格は税込で各648円。サイズは高さ10cm、直径7.2cm、内容量は20gとなっている。またこの2缶を詰め合わせたセット(税込1296円)も発売する。

Screenshot 2018-07-01 16.40.18Screenshot 2018-07-01 16.40.31

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース