インバウンドニュース

★半数以上が週1以上SNSに投稿?! 日本好きコミュニティサイト「FUN! JAPAN」アジア5カ国のSNS利用実態を調査

アジアでNo.1規模の日本好きコミュニティサイト「FUN! JAPAN」を運営するFun Japan Communicationsは、香港・インドネシア・マレーシア・台湾・タイの5カ国におけるSNS利用実態を発表した。

回答者は主に20〜30代で、いわゆるデジタルネイティブと呼ばれる世代の2,960人。各国会員へのオンライン調査で、2018年3月1日〜4月30日に行った。

5カ国でのFacebookへの投稿頻度は、「ほとんど毎日」と「週に2、3回」を合わせると37.3%、「週に1回」が10.4%で、週1回以上投稿する人が半数近くに上った。「ほとんどしない」は36.4%だが、主に発信情報をチェックし「いいね」を押したりしていると考えられる。各国別では、タイで62.9%の人が「週1回以上」投稿するとしており、傾向が似ている他の4カ国とは違う結果が出た。

sub1

FacebookなどSNS上の投稿に、お店・商品の紹介があったら友人とシェアするか、という質問に「する」とした人は半数以上の51.2%。日本では、有名人による商品紹介(ステルスマーケティング)については、賛否両論があるものの、インドネシアなどでは「セレブの日常を見てみたい」と有名人による商品紹介にも、好意的に受け止めていることがわかった。フォローしているアカウントから、企業ページも比較的人気があるとしている。

sub2

Facebookの友達やTwitterのフォロワー数への質問では、「100〜300人」が27.6%、「300〜500人」が16.45%、「2,000人以上」が6.62%と“インフルエンサー予備軍”とも言える拡散力があることがわかった。

このようにスマホでの情報収集と拡散力、情報リテラシーが高い世代には、SNSを利用したマーケティングは非常に有効であり、特に利用者のニーズを細かく捉えることで一層の効果が上がるのでは、としている。

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース

バックナンバー

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年