インバウンドニュース

★外国人消費額単価は日本人の約2倍、宿泊客数は3年連続300万人を突破 —2017年京都観光総合調査

京都市は2017年の「京都観光総合調査」の結果を発表した。それによると、観光消費額は対前年比3.7%増となる1兆1268億円、宿泊客数の実人数は1557万人(延べ人数は2444万人)となり、いずれも過去最高を記録した。2017年の観光消費額は京都市民77.5万人の年間消費支出に相当する。

外国人消費額は2632億円で、全体の観光消費額に占める外国人消費額の割合は23.4%となった。また、外国人消費額単価は日本人消費額単価の1.9倍にも上り、買物代、飲食費、入場料・拝観料が前年よりも大きく増加した。

kyoto_01

出典:平成29年 京都観光総合調査結果

外国人宿泊客数の実人数は10.8%増の353万人(延べ人数は721万人)で、過去最高を記録。3年連続で300万人を突破する結果となった。国・地域別実人数は、1位:中国、2位:台湾、3位:アメリカ、4位:韓国、5位:オーストラリアの順。無許可民泊施設での宿泊客数は含まれていないが、実人数で110万人と推計されている。

kyoto_02

出典:平成29年 京都観光総合調査結果

外国人観光客の満足度調査では、「大変満足」「満足」との回答が約9割に上った。高評価を得た項目には「街の清潔さ」「治安」「寺院・神社、名所・旧跡」「自然・風景」があった。「京都を選んだ理由」には「観光コンテンツに魅力を感じたから」が31.4%を占め、その中でも北米(53.7%)、欧州(49.4%)、オセアニア(44.1%)からの評価が高い。再来訪意向調査では、「京都にまた来たいか」との問いに、半数以上が「大変そう思う」と回答している。

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース

バックナンバー

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年