インバウンドニュース

★2018年7月の訪日外客数は283万2000人、中国は単月で過去最高【速報】

日本政府観光局(JNTO)は8月15日に、2018年7月の訪日旅行者数を発表。前年同月比5.6%増の283万2000人となった。これは2017年7月の268万2000人を15万人以上上回り、7月として過去最高となる。これにより今年の1〜7月の累計は1873万900人となった。

航空路線の新規就航や増便に加え、訪日プロモーションの効果もあり、前年同月を上回ったものの、6月18日に発生した大阪府北部の地震や7月豪雨の影響により、これまで訪日者数の伸びを牽引してきた東アジア市場のうち、韓国、香港で訪日需要が抑えられたことが、訪日者数全体の伸びの鈍化に影響した。

市場別では、中国が87万9100人(前年同月比12.6%増)で単月として過去最高を記録。その他15市場(台湾、タイ、シンガポール、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で7月として過去最高を記録した。

(やまとごころ編集部)

◆2018年6月の訪日客数はこちら

関連インバウンドニュース