インバウンドニュース

★全国ドラッグストアのインバウンド消費、2018年7月は「ハトムギ」商品が人気急上昇

購買ビッグデータを分析する株式会社True Dataは、全国ドラッグストアのPOSデータから2018年7月のインバウンド消費動向を発表した。

消費購買件数は1店舗あたり1,567件、前年同月比は6%増でTrue Data社の調査開始以来、7月として過去最高件数を記録。1レシート当たりの購買単価は前年同月比3.9%増の15,127円となった。

個別商品での売上個数ランキングは、福岡、大阪は化粧水、東京は保湿用フェイスマスク、北海道は子ども用ローションが1位と、エリアにより異なる。「ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水」は全国ランキングで前月7位から2位に上昇し、福岡、大阪では1位と、新たな上位定番商品として注目されている。また、圏外から28位にサプリメント「DHC はとむぎエキス」もランクインした。

漢方でハトムギは「ヨクイニン」といい、古くから肌に効用がある植物として使われてきたため、ハトムギを使った商品は中華圏や韓国からの訪日客になじみがあると考えられる。韓国からの訪日客が多い福岡では、「ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水」は前月から2か月連続の第1位となり、美容大国とされる韓国でも人気の上昇が伺える。

インバウンド消費 2018年7月売上個数ランキングの上位5位は次の通り。
1位: サンテFX ネオ 
2位: ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水
3位: DHC 薬用リップクリーム
4位: アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク
5位: 肌美精 超浸透3Dマスク エイジング保湿

img_164521_1

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース