インバウンドニュース

★2018年度世界渡航先ランキング発表! アジアの都市が上位半数を占める中、東京の順位は!?

Mastercard(本社:ニューヨーク州パーチェス)は25日、「2018年度世界渡航先ランキング」を発表した。これによると、東京は8位にランクインし、上位3都市はバンコク、ロンドン、パリの順だった。

今回のランキングでは、アジア太平洋の都市が上位の半数を占める結果となった。また、渡航先ランキングの上位に入るには、堅固な都市インフラやビジネスの娯楽面での魅力、力強い地域文化が重要な要素となっていることがわかった。

年間約2,000万人の渡航者が海外から訪れるバンコクは今年も1位となり、2018年には9.6%の成長が予測されている。上位10都市全体を見ても、訪れる渡航者(1泊以上)の年間成長率(2017年)は、ソウルを除く各都市で上昇し、2018年の予測では大幅な渡航者数の増加により全般的な成長が見込まれるという。1日あたりの平均消費額では、ドバイが537ドルで1位、東京は154ドルでトップ10入りした。

mastercard_ranking

出典:Mastercard Press Release

さらに注目すべき点は、日本の都市が世界の渡航先として最も成長していることだ。2009年から2017年の過去8年間の年平均成長率を見ると、レジャーの誘致に力を入れている沖縄が39.2%、京都が27.8%、大阪が23.6%と、最も伸びていることが明らかになった。

同社の「世界渡航先ランキング」は過去10年に渡って発表されており、現在の調査対象は世界162都市に拡大。海外からの渡航者数(1泊以上)と渡航先都市での消費額で世界の都市をランク付けし、翌年の渡航者数を予測している。

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース