インバウンドニュース

★中国最大の配車サービス「滴滴出行」大阪でタクシーサービスを開始!

中国の配車サービス最大手の滴滴出行(Didi Chuxing:以下滴滴)は9月27日、スマートフォンのアプリからタクシーを呼べる、タクシー配車プラットフォームのサービスを大阪で開始した。滴滴は、米国のウーバー(Uber)の中国版として中国で爆発的に普及しているが、日本でのサービスは一般の人がドライバーとなるライドシェアではなく、タクシー配車サービスとして日本市場に進出。大阪府内で提携するタクシー会社12社約1000台からタクシーを呼び出すことができるようになる。

タクシーを利用する人は、乗客用アプリケーションをスマートフォンにインストールすることで、簡単にサービスを利用することができるようになる。アプリに出発地と目的地を入力すると、近くにいるタクシーを呼ぶことができる。乗客とタクシーのマッチングには、AI=人工知能が活用されており、乗客の待ち時間の短縮やタクシーの空車時間削減が期待できるという。

中国本土などで合計5.5億人が登録している滴滴の乗客用アプリを日本でもそのまま利用することができ、決済もAlipay(アリペイ)またはWeChat Pay(ウィチャット・ペイ)を選択し使える。日本を観光で訪れている中国人観光客のタクシー利用拡大も見込まれる。

滴滴は今回の大阪を皮切りに、今後は京都、福岡、沖縄、東京などにサービスエリアを広げていくという。

(やまとごころ編集部)

 

関連インバウンドニュース